【2022センバツ】広陵高の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は、広陵高の注目選手。

スポンサーリンク

注目したい選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:真鍋慧選手

189cm89kgの左のスラッガー。打撃フォームは中村奨成選手に近い。パワーでバットを当てていく感じで、これからスイングスピードが速くなって来れば、いろいろな球を放り込めるようになりそう。ファーストの守備もかなり良く、将来はサードなど他のポジションも期待できそう。

注目度A:森山陽一朗投手

181cm85kg、肩の可動域で力をため、腕の振り、下半身なども柔らかく使える投手。腕の振りも素晴らしく躍動感を感じさせる。下がさらに安定して来れば制球も良く力のある球を投げ続けられそうな感じだ。将来性十分。

注目度B:内海優太外野手

185cm83kgの左打者で、軽くスイングをしてポーンとスタンドに運ぶスラッガーで、好打者タイプの打撃も見せる。左腕投手としても137キロの速球を投げる。投手としても将来がありそうな感じで、投打をしっかりとみたい。

注目度B:松林幸紀投手

明治神宮大会で146キロの速球を投げた左腕投手。体の強さで腕を振る感じで、体全体を使って投げられるようになっているか注目したい。

注目度B:中川将心外野手

1番バッターとして、打線の中心選手四死球も多く、昨秋は.333とヒットも打てる。二塁打、三塁打も多い選手で練習試合では5本塁打を放っている。遠投100m、50m6.1秒の肩・足もあり、将来が楽しみな選手。

注目度B:岡山勇斗投手(新2年)

175cmの右腕投手で、回転の良い143キロの速球を投げ、森山投手や松林投手とエースを争うところまで評価されている存在。

注目度C:大山陽生捕手

遠投115mの強肩捕手、泥臭くヒットが打てて、チームを支えるタイプの選手。まずは肩をチェックしたい。

注目度C:川瀬虎太朗遊撃手

主将で遊撃手。50m6.1秒の足と95mの肩があり、昨秋は13試合で5盗塁を記録。守備の動きなどに注目したい。

注目度C:執行愛矢外野手

控えだが50m5.8秒の足があり、登場したら足をみたい。

注目度C:中谷悠太投手

左腕投手で昨秋は中国大会で2試合にリリーフで登板している。

注目度C:西凌矢外野手

阪神・西純矢投手の弟。180cm81kgの体がある外野手で、遠投120mの肩がある。控え外野手だが、打撃でパワーもあり、夏までにレギュラーとなれるか。

注目度C:池本真人内野手(新2年)

180cmの大型遊撃手として期待され、成長している選手。来年に向けて注目したい。

注目度C:松下水音内野手(新2年)

1年秋に二塁のレギュラーとして出場し、2番打者として四死球やヒットで出塁した。投打に活躍ができる選手。

チーム

森山投手、松林投手、岡山投手、内海投手と能力の高い投手が揃うチームで、特に森山投手が良い時は相手は手も足も出ない。ただし、まだ投球にムラがある場面が見られ、リリーフの中谷投手などの投球がカギになるかもしれない。

打線は中川選手、松下選手が出塁、そして足が使え、全体的に50m6.1秒、6.2秒の選手が多い。そして、内海選手、真鍋選手の破壊力は抜群。この二人が勝負されなかった時の5番打者の勝敗を分けるポイントとなりそうだ。

投手が3、4点に抑え、打線が7、8点を奪う。先発投手どれだけ投げ、うまく継投して行けるかどうか。

広陵高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント