市和歌山・米田天翼が練習試合で3回1安打4奪三振無失点、出力半分で139キロ

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

センバツに出場する市和歌山は初芝橋本と練習試合を行い、149キロ右腕・米田天翼投手が登板した。

スポンサーリンク

出力半分

この日の練習試合に先発した米田天翼投手は、最速139キロのストレートと鋭いスライダーを見せる。初回2アウト3塁とピンチになったものの、スライダーで相手4番打者を空振り三振に斬ってとった。また、2回にも1アウト2塁としたが、2者連続三振を奪い、無失点で切り抜けた。

3回を投げて1安打4奪三振無失点、カーブやカットボールなども織り交ぜた。「出力で言ったらまだ半分ちょっと。焦らずやっていきたい。それなりにコントロールはまとまったので自分では良かったと思います。公式戦をイメージして変化球も投げようと思っていました。」と話し、ストレートの力の入れ具合はまだ半分くらいと話した。

市和歌山はセンバツの初戦で、佐々木麟太郎選手、田代旭選手といった屈指の強打者のいる花巻東と対戦する。「花巻東は左打者が多い。今日も左のインコースを意識して投げました」と話し、左打者のインコースに食い込む変化球に手応えを見せていた。

そして、「佐々木君は長打力のあるバッターですが負けられない。弱点も必ずある」と、佐々木選手攻略の秘策も練っている。センバツまであとわずかとなったが、これから出力を上げて佐々木選手に140キロ後半の速球を投げ込みたい。

【2022センバツ】市和歌山の注目選手
センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は、市立和歌山の注目選手。
2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト候補の市和歌山・米田 センバツ初戦の麟太郎封じへ順調な仕上がり 「弱点必ずある」と自信 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第94回選抜高校野球大会(18日から13日間、甲子園)に出場する市和歌山が11日、初芝橋本(和歌山)と今年初の対外試合を行い、16―4で大勝。今秋ドラフト候補に挙がる149キロ右腕の米田天翼(つばさ=2年)は先発し、3回を1安打無失点に抑えた。

「出力で言ったら、まだ半分ちょっと。焦らずやっていきたい。それなりにコントロールがまとまっていたので、自分の中では良かったかなと思います」

 この日の最速は139キロ止まりも、変化球を中心に4三振を奪い、四球も1。貫禄の初陣となった。選抜では佐々木麟太郎(1年)を擁する花巻東と初戦を戦う。左打者が多く並ぶ同校を想定し、内に食い込むスライダーで空振り三振を奪う場面も。22日に予定されている対戦までの残り10日、逆算はできている。

【センバツ】市和歌山のエース・米田天翼が3回1安打4Kで無失点発進 初戦・花巻東打線をイメージ
 第94回センバツ高校野球大会(18日開幕・甲子園)に出場する市和歌山のエース右腕・米田天翼(新3年)が初芝橋本との練習試合に先発し、3回1安打無失点、4奪三振の好投を見せた。

チームにとって、高校野球の練習試合解禁(5日)から初の練習試合。今秋ドラフト候補右腕はテンポの良い投球で相手打線を翻弄(ほんろう)した。初回2死三塁では相手の4番打者を鋭いスライダーで空振り三振に。2回には1死二塁から2者連続三振で切り抜け「(初戦だが)それなりにコントロールもまとまっていたのでよかった」とうなずいた。

プロ注目 市和歌山・米田天翼が3回0封4K センバツへ目標は「全イニング無失点」/デイリースポーツ online
 「練習試合、市和歌山16-4初芝橋本」(11日、市和歌山グラウンド) 今春センバツに出場する市和歌山が11日、和歌山市内にある同校グラウンドで初芝橋本と今年初の練習試合を行い、プロ注目の右腕・米田天翼投手(2年)が先発して3回1安打無失点、4奪三振と好投した。
市和歌山高エース・米田天翼が練習試合で好投 センバツ初戦で対戦する注目の強打者、花巻東の佐々木麟太郎封じをイメージ:中日スポーツ・東京中日スポーツ
第94回選抜高校野球大会(18日開幕・甲子園球場)に出場する市和歌山高は11日、和歌山市の同校グラウンドで初芝橋本(和歌山)と練習試合...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント