国学院大・田中千晴投手が153キロ、5球団スカウト視察し巨人・DeNA・日本ハムなど評価

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

東都リーグでは国学院大の189cm右腕・田中千晴投手が登板し、最速153キロのストレートが唸りをあげた。

スポンサーリンク

3球団が評価

6回からマウンドに上った田中千晴投手は、先頭打者に四球を与えたものの、その後、三者連続三振を奪う。ストレートは150キロ台を連発する。最速は153キロを記録すると、得意のフォークボールも落差が大きかった。「カウント球でも決め球としても使えますし。真っすぐの軌道から投げられるので、自信を持っています」とフォークボールについて話した。

3回を投げて2安打で1失点も4奪三振、鳥山監督も「いい投球をしてくれた。今日は最低限の合格点の第1歩」と話す。

田中投手は長身から150キロの速球を投げる投手として注目され、2年秋に登板していたものの、右肘を故障して昨年1年間はリーグ戦での登板はなかった。スケールの大きさで復活が期待されていたが、「4年目でやっときたなという感じ。闘志を持って自分のボールを投げきりたい」と話す。

この日は5球団のスカウトが視察をし、巨人、横浜DeNA、北海道日本ハムのスカウトが評価をしている。

巨人・水野スカウト部長:「いい球を投げていた。登板を重ねてどうなるか見たい」

横浜DeNA・吉見スカウト:「力強い球。長身でポテンシャルは高い」

北海道日本ハム・坂本スカウト:「真っすぐの強さには、目を見張るものがある。加えてフォークにあれだけの落差があったら、バッターは嫌だと思う。この時期に平均で150キロ前後。このままいけば十分にドラフト候補」

高い素質を持った選手が、いよいよアピールできる状態になった。このまま投球の感覚が身について結果もついてきて、秋までしっかりと投げられることが確認できれば、ドラフト会議では上位指名候補に名前が挙がってきてもおかしくない。

「久々のリーグ戦だったけど後輩たちが頑張ってくれているし、背番号18をつけているので自分がエースだと思ってマウンドに立ちました」と話す。この日の復活の登板を一歩目にして、田中投手が大きく羽ばたく。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
国学院大・田中千晴“再デビュー”戦で3者連続三振「自分がエースだと」自己最速更新153キロ - アマ野球 : 日刊スポーツ
3連覇を狙う国学院大が大分開催の開幕カードで中大に2連勝し、勝ち点を挙げた。田中千晴投手(4年=浪速)が3季ぶりに登板。自己最速を更新する153キロをマークし… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

5球団のスカウトの前でアピールした。巨人水野スカウト部長は「いい球を投げていた。登板を重ねてどうなるか見たい」。DeNA吉見スカウトは「力強い球。長身でポテンシャルは高い」と評価。

国学院大・田中千晴がドラフト候補に 自己最速153キロも「まだピークではない」【東都大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇3日 東都大学野球第1週2回戦(大分県・別大興産スタジアム) リーグ3連覇がかかる国学院大は7―3で中大に連勝し、勝ち点を挙げた。6...

1点リードの6回から登板、先頭打者を四球で出したもののNPBスカウトのスピードガンで150キロ台を連発し、カーブとフォークも使って後続を3者連続三振。4点の追加点をもらった直後の8回にドラフト候補の森下翔太(4年)に直球勝負でソロ本塁打を浴びたが、3イニングを2安打2四球4奪三振の1失点。プロ志望の右腕を、日本ハムの坂本スカウトは「この時期に平均で150キロ前後。このままいけば十分にドラフト候補」と評価した。

【大学野球】 国学院大が中大に連勝 189センチの秘密兵器・田中千晴が153キロをマーク
 国学院大の大型右腕・田中千晴投手(4年=浪速)が、今秋ドラフト候補に急浮上した。3―2と1点リードの6回から登板し、自己最速を1キロ更新する153キロをマーク。鋭く落ちるフォークボールも光った。
3季ぶり登板の国学院大・田中千 自己最速153キロ連勝発進に貢献 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 国学院大が2連勝し、開幕カードで勝ち点を挙げた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント