大阪経済大・才木海翔投手が今季初登板で152キロ、4球団視察しDeNA・千葉ロッテ・オリックスなど評価

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース オリックスドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

大阪経済大の才木海翔投手が今季初登板し、自己最速を1キロ更新する152キロを記録した。視察した4球団のスカウトから評価するの声が聞かれた。

スポンサーリンク

152キロ

才木海翔投手は北海道栄時代に140キロ後半の速球を投げる投手として注目され、大学でも昨年秋に最優秀防御率を記録した。151キロの速球は回転が非常によく、インコース低めのストレートはため息が出るものだった。

この日は先発はしなかったが、3−3で迎えた9回からリリーフで登板すると、自己最速を更新する152キロを記録、延長10回に1アウト満塁として暴投でサヨナラ負けを喫し、1回1/3で1失点し敗戦投手となった。

9回2アウトから2点を追いついて同点となり、そこから慌ててブルペンで調整してその裏から急遽の登板だったが、9回こそ三者凡退に抑えたものの、10回に自らのエラーなどでピンチを招き、最後は暴投で幕を閉じた。「いきなりで心の準備ができていなかった。いきなりでも、投げられないと上のレベルではしんどい」と反省した。

それでもこの日視察した4球団のスカウトのうち、3球団から高評価の声が聞かれた。

オリックス・谷口スカウト:「真っすぐに力がある。変化球の精度が高まってくると楽しみ」

横浜DeNA・河原スカウティングディレクター:「タイプ的にはリリーフ。爆発力がある。ストレートの強さは魅力。いいモノを見られました」

千葉ロッテ・三家スカウト:「スピードも出ていたし、ポテンシャルは感じるものがあった」

関西NO.1右腕と注目される才木投手、リリーフでの起用となり、リリーフとして評価されているが、先発としてもうまく組み立てられる投球ができると思う。今シーズンの投球に注目したい。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-関西六大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト候補の大経大・才木海翔152キロ自己最速更新「ストレートの強さは魅力」スカウト評価 - アマ野球 : 日刊スポーツ
今秋ドラフト候補の大経大・才木海翔投手(4年=北海道栄)が今年の公式戦初登板で、自己最速を1キロ更新する152キロを計測した。同点に追いついた直後の9回から登… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

それでも、非凡さを示した。NPBのスピードガンは152キロを計測。複数球団が視察するなか、力投した。DeNA河原隆一スカウティングディレクターは「爆発力がある。ストレートの強さは魅力。いいモノを見られました」と評価した。大方は先発を予想したが、チーム方針でこの日は救援待機。必勝パターンはハマらなかったが、次戦以降の登板で巻き返していくつもりだ。

大経大・才木 自己最速152キロ出た 今秋ドラフト候補を4球団が視察/デイリースポーツ online
 「関西六大学野球、神院大4-3大経大」(9日、ほっともっとフィールド神戸) 1回戦2試合が行われ、神院大が大経大にサヨナラ勝ちを収めた。大経大の今秋ドラフト上位候補、才木海翔投手(4年・北海道栄)は、九回から救援登板し、自己最速を1キロ更新する152キロを記録するも、1回1/3を1失点と粘り切れずに敗戦。第1試合は、...

それでも、オリックス・谷口スカウトは「真っすぐに力がある。変化球の精度が高まってくると楽しみ」と評価。関西圏の大学生ではナンバーワンの投手という呼び声もあり、試合を重ねるごとに、成長した姿を見せる。

大経大のプロ注目・才木は救援登板もサヨナラ負け/関西六大学野球
(関西六大学野球春季リーグ、9日、ほっともっとフィールド神戸)1回戦2試合が行われ、大経大は3-4で神院大にサヨナラ負け。ドラフト候補・才木海翔投手(4年)は九…

視察したDeNA・河原スカウティングディレクターは「タイプ的にはリリーフ。爆発力がある」、ロッテ・三家スカウトは「スピードも出ていたし、ポテンシャルは感じるものがあった」と評価した。

今秋ドラフト候補の大経大・才木が自己最速更新の152キロも延長10回暴投でサヨナラ負け - スポニチ Sponichi Annex 野球
 大経大の今秋ドラフト上位候補右腕・才木海翔投手(4年)が今春のリーグ戦に初登板。自己最速を1キロ更新する152キロをマークしたが、延長10回1死満塁から自らの暴投でサヨナラ負けを喫した。

味方打線が9回表に2点差を追いつき、その裏にマウンドへ。140キロ台後半の直球で押す力の投球で3者凡退に抑えた。球場表示では最速148キロながら、視察したオリックスのスカウトのスピードガンでは152キロを計測した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント