九産大の中村貴浩選手がリーグ通算10号、オリックススカウト「凄くいいものを見せてもらいました」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

九州産業大のスラッガー・中村貴浩選手が、リーグ通算10号となる満塁本塁打を放った。

スポンサーリンク

飛ばす力

中村貴浩選手は4番で出場すると、初回にノーアウト満塁の場面で打席に入り、ライトスタンドへ満塁ホームランを放った。これでリーグ通算10号となった。4回には左中間を破るタイムリー3ベースヒットを打ち、この日は2安打5打点の活躍を見せた。

この日はオリックスの縞田スカウトが視察、中村選手について「飛ばす力がある。凄くいいものを見せてもらいました」と評価した。

中村選手は昨秋の侍ジャパン大学代表候補合宿にも参加し、早大・蛭間拓哉選手、中大・森下翔太選手、中京大・澤井廉選手と共に練習や紅白戦に参加した。守備と打撃で3選手に比べると粗削りだったが、外野からの送球の強さやスイング力などは目を引いた。

しっかりと磨いて行けそうなタイプで、プロ志望をすればドラフト会議では下位や育成での指名の可能性があると思う。

2022年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
福工大・片山、逆転サヨナラ弾「みんなが打たせてくれた一本かな」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 3試合が行われた。福工大は九共大と対戦し、9回に4番の片山遼大(りょうた)外野手(4年)が逆転のサヨナラ2ランを放ち4―3で今季初勝利。春8連覇を目指す九産大と、日経大がともに連勝スタートを飾った。
福工大・片山、逆転サヨナラ弾「みんなが打たせてくれた一本かな」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 3試合が行われた。福工大は九共大と対戦し、9回に4番の片山遼大(りょうた)外野手(4年)が逆転のサヨナラ2ランを放ち4―3で今季初勝利。春8連覇を目指す九産大と、日経大がともに連勝スタートを飾った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント