近畿大が優勝し大学選手権へ、5勝でMVPの久保玲司投手に複数球団視察

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

関西学生リーグは、近畿大が京都大に10−1で勝利し、大学野球選手権出場を決めた。

スポンサーリンク

5回2安打6奪三振

関西学生リーグで台風の目となっていた京都大、勝てば優勝の近大は151キロ左腕エースの久保玲司投手が登板すると、制球を重視し安定した投球を続けた。

3回はノーアウト3塁のピンチになったが、ストレート勝負で142キロの速球で空振り三振を奪う。その後、相手スクイズ失敗を誘ってランナーを消すと、空振り三振を奪い、あっという間にピンチを消し去った。5回を投げて2安打6奪三振無失点で今季5勝目を挙げた。

試合は10−1と大差をつけて勝利、近大が優勝した。久保投手は5勝、防御率1.78の好成績を収め、MVPとベストナインに選ばれた。この日は複数球団のスカウトが視察した。

大学野球選手権では、この久保投手と同じく力のある左腕の大石晨慈投手の2枚看板が注目される。

近畿大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
大学野球選手権(2022)の出場決定速報
大学野球選手権大会(6月6日~12日)に出場するチームと、主な注目選手を簡単にまとめます。
近大鮮やか逆転優勝!プロ注目左腕久保玲司「気持ちを乗せて」天国と地獄の分かれ目で5回0封 - アマ野球 : 日刊スポーツ
近大が3季ぶり48回目の優勝を果たした。投打の歯車がかみ合い、阪神佐藤輝明内野手(23)が在籍した20年秋以来の頂点だ。プロ注目で最速151キロ左腕の久保玲司… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

最速151キロ左腕は複数球団のスカウトも見守る前で制球重視の投球に徹し、5回を2安打6奪三振で0封した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント