侍ジャパン大学日本代表選考合宿に立教大・荘司康誠投手、東洋大・細野晴希投手、慶応大・萩尾匡也選手など

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 侍ジャパン

7月8日からオランダで行われるハーレムベースボールウィークに出場する、侍ジャパン大学日本代表の選考合宿が、6月18日から行われる。昨年冬の代表候補合宿に参加しなかった立教大の荘司康誠投手、東洋大の細野晴希投手、慶応大の萩尾匡也選手などがメンバーに加わった。

スポンサーリンク

昨年冬に参加した選手

昨年冬の候補合宿に参加し、今回再び招集されたのは18人。投手では主戦が期待される上武大の加藤泰靖投手、白鴎大の曽谷龍平投手、日体大の矢澤宏太投手は春も結果を残し、順当に選ばれた。また、昨年の合宿で素晴らしい投球をし、この春も力を見せた3年の松本凌人投手(名城大)、2年の赤塚健利投手(中京学院大)も呼ばれている。

その中で冬の紅白戦や今春のリーグ戦でも結果を残していた金村尚真投手、そして力のある左腕の大石晨慈投手が選ばれなかったが、この2人は合宿前に行われる大学野球選手権に出場するため、特に金村投手は選手権後に追加招集されるのは確実だと思う。

捕手では東京六大学を制した明治大の蓑尾海斗選手、打撃のある野口泰司捕手、関西大3年の有馬諒捕手が引き続き招集された。春のリーグ戦で強打を見せた横浜商大の吉田賢吾選手、抜群の強肩を見せた石伊雄太選手は呼ばれなかった。

内野手は法大の齊藤大輝選手、立大の山田健太選手、駒大の林琢真選手、立正大の奈良間大己選手などが順当に選ばれ、3年生で強打の内野手・広瀬隆太選手(慶応大)や、春は結果を出せなかったが2年生の佐々木泰選手(青学大)、そして春に明治大を優勝させる活躍を見せて大きく飛躍した宗山塁選手が残った。

一方で、早大の中川卓也選手、慶大の下山悠介選手、近大3年の坂下翔馬選手は呼ばれなかった。春のリーグ戦でコンディション不良により出場が少なかった明治大の村松開人も呼ばれなかったが、大学野球選手権で試合に出場しプレーを見せられれば追加招集される可能性がある。

外野手では中大の森下翔太選手、東北福祉大の杉澤龍選手は春もしっかりと成績を残し、また早大の蛭間拓哉選手は、昨年冬の合宿や高い身体能力もあり順当に招集された。ただし、森下選手は東都リーグの入れ替え戦が6月20日から行われるため、合宿には参加しないと見られる。

その一方で、森下選手と並ぶ長打力を見せていた中京大の澤井廉選手が、ワクチン接種の要件を満たしておらず選考対象外となってしまった。また、昨冬に矢澤選手に続いて2番目の俊足を見せていた立大の道原慧選手は呼ばれなかった。

新たに参加する選手

昨冬の合宿に参加しなかった選手では、立教大の荘司康誠投手、明治大3年・蒔田稔投手、亜細亜大の青山美夏人投手、東都2部の専修大・菊地吏玖投手、東洋大3年・細野晴希投手、九産大の渡辺翔太投手などが呼ばれた。ドラフト候補としても非常に注目されている投手たちで、この合宿の目玉となりそうだが、細野投手は東都リーグの入れ替え戦が6月20日から行われることから、合宿には参加しないと見られる。

また、慶応大の橋本達弥投手は春のリーグ戦で実績を残したほか、法政大の篠木健太郎投手、武蔵大の松崎公亮投手の2年生コンビは、再来年に非常に注目される投手となりそうで、代表で実績を積むことができるか。

個人的には九産大の渡辺投手と近大の久保玲司投手に注目したい。

捕手では上武大の進藤勇也選手が参加する。肩はフットワークでは大学NO.1捕手と思う選手で、代表入りの可能性は高いのではないかと思う。

内野手では中央大の主将・北村恵吾選手、東海大の吉田元登選手、天理大の友杉篤輝選手、日体大の松浦佑星選手が加わった。北村選手も東都の壮絶な順位決定戦で主将として1部残留をさせることができず、6月20日から入れ替え戦があることから合宿には参加しないと見られる。

吉田選手はこの春に持ち前の強打で首都リーグ制覇に貢献した。友杉選手も内野手としてスピードと打撃の技術がある選手で、合宿の注目選手の1人となる。3年生の松浦選手は、矢澤選手と並ぶほどの俊足が魅力で、ショートの守備もスピード感がある。

外野手では慶応大の萩尾匡也選手が注目される。春のリーグ戦では5本塁打を放ち、現時点の大学生スラッガーで最も調子の良い選手だと思われる。この合宿でアピールするような活躍が見られれば、進路についても注目されることになりそうだ。

代表は24人

選ばれる代表は24人で、前回2018年のハーレムには投手9人、捕手4人、内野手8人、外野手3人が選ばれている。

現時点でまだ予想はしないが、2018年のメンバーを見ると伊藤大海投手、森下暢仁投手、小島和哉投手、佐藤都志也選手、佐藤輝明選手、辰己涼介選手など、現在プロで活躍している選手が大勢いる。

今年、選ばれた選手たちも将来、プロで活躍する未来が待っていると思う。

2022年・侍ジャパン大学代表候補選手一覧
2021年12月の代表候補合宿、2022年6月の代表選考合宿を経て、侍ジャパン大学代表が決定しました。(2022年6月20日) 12月のメンバー、6月のメンバーの表も下に掲載しています。
侍ジャパン大学日本代表(2018)選手一覧
【6月24日更新】 全日本大学野球連盟は、7月3日~9日まで日米大学野球と、7月13日からオランダで行われるハーレムベースボールウィークに出場する侍ジャパン大学代表のメンバーが決定しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント