天理大・友杉篤輝選手が走塁・打撃・守備でアピール、阪神スカウト「関西でトップクラス」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

俊足・強肩の遊撃手で、打撃技術も評価の高い天理大の友杉篤輝選手が、名城大戦で持ち味を発揮し、視察したスカウトにアピールをした。阪神のスカウトは「関西トップクラス」と評価する。

スポンサーリンク

関西トップクラス

友杉篤輝選手はこの日、来年のドラフト上位候補として150キロを超す速球を投げる名城大・松本凌人と対戦すると、3回2アウトランナー無しの場面で一、二塁間をうまく抜くライト前ヒットを打った。

そして走者としては、今度は強肩捕手として今年のドラフト候補として注目される野口泰司選手と対峙し、二盗をしっかりと決めた。50m6.0秒の足があり、足が持ち味。2死ランナーなしからでも足でチャンスを作れるよう、意識してやってます」と話した。

ショートとしても広い守備範囲を誇り、セカンドベース後方で捕球してノーステップで送球するなど、再三に渡り好守備を見せた。

このプレーを視察した阪神の山本スカウトは「足もある。盗塁も3秒を切っていた。守備力、走力は評価している。関西でトップクラス」と評価、巨人の岸スカウトも、「一発で仕留める技術、守備、盗塁と持ち味を最大限に発揮できていた」と評価した。

守備を中心に足、打撃を見ると、今年のドラフト候補の遊撃手の中では、本来のショートのタイプとして一番評価できるかもしれない。ショートが欲しい球団は多く、ドラフト会議では3位前後で指名する球団が出てくるかもしれない。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【2022大学野球選手権】2日目の対戦カードと注目選手一覧
全日本大学野球選手権は2日目、対戦カードと注目選手の一覧です。
プロ注目対決で天理大・友杉篤輝が走攻守で機敏な動き「関西でトップクラス」阪神スカウト - アマ野球 : 日刊スポーツ
悔しい逆転負けの中でプロ注目の天理大・友杉篤輝内野手(4年=立正大淞南)が輝いた。3回2死走者なし。プロ注目で変則右腕の松本凌人(3年=神戸国際大付)の147… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

NPBスカウトが視察する前で活躍。阪神山本スカウトは「足もある。盗塁も3秒を切っていた。守備力、走力は評価している。関西でトップクラス」と評した。阪神は右打ちの内野手が補強ポイントで、友杉や立大・山田健太内野手(4年=大阪桐蔭)らをリストアップしている。

今秋のドラフト候補・天理大の友杉が12球団スカウトに高い身体能力でアピール/デイリースポーツ online
 「全日本大学野球選手権・1回戦、名城大3-1天理大」(7日、東京ドーム) 今秋ドラフト候補の天理大・友杉篤輝内野手(4年・立正大淞南)が、持ち味を存分に発揮して視察するプロ12球団のスカウトに猛アピールした。

その後、今秋ドラフト候補の野口泰司捕手(4年・栄徳)から二盗を決めて好機を拡大。「いいスタートを切れたらセーフになる自信がある」と、得点こそつながらなかったが、自慢の快足を披露した。

 守備でも軽快なグラブさばきを見せるなど、高い身体能力を示した友杉。阪神・山本スカウトは「守備力が高くて足もある。関西ではトップクラス」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント