中京大の151キロ右腕・三浦大輝投手が「プロ一本」を明言、社会人の誘いも断る

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース プロ志望

中京大の三浦大輝投手が、社会人野球チームからの誘いを断り、プロ一本でドラフト会議の指名を待つことがわかった。

スポンサーリンク

2800回転のストレート

三浦大輝投手は昨年秋に防御率0.84を記録し、最優秀防御率賞とベストナインのタイトルを獲得した。今春はリリーフで10試合に登板し、防御率2.45で、「目標にしていた数字とは程遠い。点を取られてはいけない場面での失点もあって、納得はしてません」と話している。

ストレートの最速は151キロ、そして「真っすぐの質にはこだわってきた」と話すとおり、ストレートの回転数の平均が2700回転で、多いときには2800回転にも達する。伸びのあるストレートと鋭い変化球を投げる投手として注目されている。

その三浦投手は春から「プロ一本」と進路を明言しており、社会人チームからも誘いがあったが、それらをすべて断ったとい。「背水の陣じゃないですけど、それで尻に火がつきました」と話す。

プロ側からもそれほど多く名前が挙がっている投手ではないが、この秋のリーグ戦にすべてをかける。9月10日に初戦の名城大戦が行われ、「これまでを信じてやるだけ。4年間やってきたことをこの1カ月半に詰め込みたい」と気合を込めて話した。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-愛知大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】背水の陣で大学最後のシーズンへ 中京大・三浦「4年間やってきたことをこの1カ月半に詰め込みたい」:中日スポーツ・東京中日スポーツ
愛知大学野球秋季1部リーグが3日、パロマ瑞穂野球場で開幕する。中京大の最速151キロ右腕、三浦大輝投手(4年・時習館)は進路について「...

今後の進路について考えた今年の春には大学入学当初からの目標である「プロ一本」を決断。社会人チームからの誘いも断った。「背水の陣じゃないですけど、それで尻に火がつきました」と後悔はない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント