天理大・友杉篤輝選手がノーヒットも、巨人スカウト「菊池になれる素材」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

大学生の注目遊撃手・天理大の友杉篤輝選手に、巨人のスカウトが高評価を示した。

スポンサーリンク

4打数ノーヒット

春の覇者、天理大はこの日の阪神大学リーグ開幕戦で1部に昇格した大阪電通大と対戦したが、1−4で敗れた。プロ注目の遊撃手・友杉篤輝選手は8月21日に新型コロナに感染し、31日まで隔離生活をしていた事もあり、この日は4打数ノーヒットに終わった。

試合に敗れ、「見てのとおりです。チャンスで打てなかった」と話した友杉選手だが、この日は阪神、巨人など複数球団のスカウトが視察し、巨人・岸スカウトは「3拍子そろった選手でまだ伸びしろはある。タイプ的には広島の菊池涼になれる素材。足もうちの増田と遜色ない」と守備、走塁の部分で高く評価した。

ショートの守備では大学NO.1と見る。この守備と足を軸に打撃でどこまでプロで結果を残せるか、この秋でその可能性を少しでもアピールしたい。ドラフト会議では、内野手の獲得を目指す球団を中心に、3位前後での指名があると予想する。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト候補、天理大・友杉は4打数無安打「見ての通りです」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 10・20ドラフト候補の天理大・友杉篤輝遊撃手(4年=立正大淞南)は「見ての通りです」と試合を振り返った。

ネット裏からは阪神、巨人などプロ球団スカウトが熱視線。走攻守三拍子揃った素材が高く評価されていることには変わりはない。巨人・岸敬祐スカウトは「大学日本代表も経験して勉強になったはず。タイプ的には広島の菊池になれる素材。足もうちの増田(大輝)と遜色ない」と話していた。

プロ注目の天理大・友杉篤輝、コロナ明け3日目の開幕戦4の0もスカウト陣は伸びしろ高評価 - アマ野球 : 日刊スポーツ
阪神大学野球秋季リーグが3日、ほっともっとフィールド神戸で開幕した。創部60年で初の1部昇格を果たした大阪電通大が、3季連続Vの王者・天理大に4ー1で快勝。左… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

8月21日に新型コロナウイルス感染で同31日まで隔離生活を送った。この日は練習復帰から3日目という状態だった。万全ではなかったが、ネット裏には阪神、巨人など複数球団スカウトが集結。巨人の岸敬祐スカウトは「3拍子そろった選手でまだ伸びしろはある。タイプ的には広島の菊池涼になれる素材」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント