関西学生リーグに8球団スカウトが集結、近大・久保玲司投手、大石晨慈投手・関学大・西隼人投手など視察

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

この日の関西学生リーグには、8球団のスカウトが集まり、近畿大の久保玲司投手、大石晨慈投手、関西学院大の西隼人投手などを視察した。

スポンサーリンク

プロ志望届提出選手の確認

この日は8球団のスカウトが関西学生リーグの試合を視察した。ドラフト候補が多く、元々スカウトが視察に来ているリーグだが、プロ志望届で関西学院大の西隼人投手や佐藤太紀選手、近畿大の大石晨慈投手、清岡龍太郎投手、久保玲司投手、京都大の水口創太投手がプロ志望届を提出した関係で、それらの選手の秋の状態を確認に集まったと見られる。

その中で近畿大の久保投手は、関西学院大戦で先発し5回2安打5奪三振1失点、2番手で登板した大石投手は3回をノーヒット2奪三振でパーフェクトに抑える好投を見せた。大石投手は「結果を残すしかないと思っているので変に気負わず、良い意味で緊張感を持って結果でアピールをできたら」と話した。

関西学院大の152キロ右腕・西投手は、先発をして5回まで無失点投球をしたものの、6回に5安打を浴びて5失点し、5回1/3で7安打5失点だった。「ピンチでの集中力をもう一つ上げていって。ピンチでの甘い球を少しでもなくしていけるように」と話した。

京都大の水口投手もスカウトにとっては状態が気になる所だったと思うが、この日は登板がなかった。

最後のリーグ戦で奮闘を見せるプロ志望届提出選手たち、この結果が指名に反映されるか注目される。

2022年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年大学生プロ志望届提出選手一覧
2022年の大学生のプロ志望届提出選手の特徴を簡単に紹介します。9月30日に9名が掲載され、合計165名となりました。
近大・久保&大石に関学大・西 今秋ドラフト候補3投手にNPBスカウト8球団集結 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 1回戦2試合が行われ、近大、関大が先勝した。近大はNPBスカウト8球団が見守る中、先発・久保玲司(4年)から大石晨慈(4年)につなぐ今秋ドラフト候補リレーで、こちらもドラフト候補の西隼人(4年)が先発した関学大に快勝。関大は京大に完勝した。

関西大学球界を代表するドラフト候補3投手が登板した一戦に、NPB8球団のスカウトが集結した。

【大学野球】プロ注目の最速152キロ右腕・関学大の西隼人を8球団が視察 6回途中5失点で降板
 関学大が今季初戦で近大に敗れた。プロ注目の最速152キロ右腕・西隼人(4年)は、プロ8球団が視察する前で、6回途中5失点で降板した。「ピンチでの集中力が欠けていた。甘い球を少しでもなくしていけるよう
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント