明治大・村松開人選手が復活の2安打、プロ志望届提出予定でヤクルトスカウトグループデスクが評価

大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

明治大の村松開人選手が2番セカンドで復帰し、2安打を記録して復活の打撃を見せた。

スポンサーリンク

プロ志望届提出予定

村松開人選手は、明治大の主将としてチームを引っ張り、春のリーグ戦で優勝をしたものの、自身は春に右膝の手術を行い出場できなかった。

この日の東京六大学秋季リーグ開幕戦では、2番セカンドで出場し、3回にレフト前ヒット、5回に同点に追いつくセンター前へのタイムリーヒットを記録した。4打数2安打2打点と見事な復活の打撃だった。

視察した東京ヤクルトの橿渕スカウトグループデスクは「打撃のしぶとさが出ていた」と評価した。

村松選手はプロ志望届を提出する予定で、スピードもあり打撃も良い二塁手として注目されるが、社会人チームとの兼ね合いもあり、順位縛りなどがあるかもしれない。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
明大・村松開人がスタメン復帰し先制打「打撃のしぶとさ出てた」プロスカウト評価 - アマ野球 : 日刊スポーツ
明大は16年以来の春秋連覇へ、2月に右膝手術を受けた村松開人主将(4年=静岡)が「2番二塁」でスタメン復帰した。3回2死二塁で先制の左前打。さらに5回にも2死… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

3回2死二塁で先制の左前打。さらに5回にも2死二塁で同点の適時中前打を放ったが「勝ち切れなかったことが非常に悔しい。打撃はチームバッティングを心がけている。自分の役割を果たしたい」。プロ志望届を提出する予定で、ヤクルトの橿渕スカウトグループ次長デスクは「打撃のしぶとさが出ていた」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント