立命館大の152キロ右腕・秋山凌祐投手に阪神・日本ハム・オリックス・楽天が視察

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース オリックスドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

立命館大の152キロ右腕・秋山凌祐投手が今季初登板し、阪神、北海道日本ハム、オリックス、東北楽天の4球団のスカウトが視察した。

スポンサーリンク

150キロ記録

プロ志望届を提出しているものの、今季まだ登板のなかった立命館大の秋山凌祐投手が、この日初登板をした。京都大戦の6回に登板すると、最速150キロを記録し、1回を1安打無失点に抑えた。

秋山投手は152キロの速球と左右に動く球を持ち、プロが注目している。すでにプロ志望届を提出しているが、8月上旬に腰を痛めて、2週間前から本格的に投球を再開しており、秋季リーグ戦での登板が遅れていた。「状態が悪かったので、今日か次の関大戦で投げられればと思っていた。球速がそれなりに出ていたし、投げられたのはよかった」と話した。

この日は、阪神、北海道日本ハム、オリックス、東北楽天の4球団のスカウトが視察し、オリックスの内匠スカウトは「元気な姿を見られたね」と話し、まずは復帰登板を見届けた。

「焦りはちょっとはありましたけど、ドラフトよりチームが優先。」と話す秋山投手、次週の関西大で復活の投球が見られるか注目したい。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】立命大の最速152キロ右腕・秋山凌祐、今季初登板で150キロ 阪神など4球団視察
 プロ志望届を提出した立命大の秋山凌祐投手(4年)が今季初登板した。0―1の6回からマウンドに上がり、自己最速まであと2キロに迫る150キロを計測。1回を1安打無失点に抑え、タイブレークでのサヨナラ勝

8月上旬に腰を痛め、2週間前から本格的に投球練習を再開した。阪神、日本ハム、オリックス、楽天のスカウトが視察する前で復帰し「状態が悪かったので、今日か次の関大戦で投げられればと思っていた。球速がそれなりに出ていたし、投げられたのはよかった」と、胸をなで下ろした。

プロ注目の立命大・秋山凌祐が秋の初登板で150キロマーク「チームへの気持ちが先」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
最速152キロ右腕でプロ注目の立命大・秋山凌祐投手(4年=愛工大名電)が秋の初登板で150キロをマークした。8月上旬に腰を痛めて離脱。この日が復帰戦だった。6… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

阪神など4球団が視察。オリックス内匠スカウトは「元気な姿を見られたね」と振り返った。

今秋ドラフト候補の立命大・秋山 今季初登板1回零封アピール 視察4球団スカウトの前で - スポニチ Sponichi Annex 野球
 プロ志望届を提出して今秋ドラフト候補に挙がる最速152キロ右腕の立命大・秋山凌祐が今季初登板し、8球で1回無失点に抑えて視察した阪神など4球団スカウトにアピールした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント