千葉ロッテ・ドラフト1位の菊地吏玖投手が延長11回を投げる、ロッテスカウト部長が評価

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

千葉ロッテにドラフト1位で指名された専修大の菊地吏玖投手が、延長となった10回1/3を投げて6安打5失点、153球の投球を見せた。

スポンサーリンク

千葉ロッテスカウト部長「先発もリリーフもできるタイプ」

東都リーグ2部の専修大vs東洋大の試合では、専修大が勝てば優勝が決まる試合に、千葉ロッテからドラフト1位指名を受けた菊地吏玖投手が先発した。

初回2安打と四球が絡んで2失点したものの、「しっかり立つことを意識した」と2回から修正すると、2回から9回までは無失点に抑えた。8回にチームが同点に追いつくと、延長10回からタイブレークに入る。10回は1失点、11回は2失点し10回1/3を投げて6安打6奪三振5失点(自責点は2)で降板した。153球に熱投だった。

「最初マウンドに合わず、強い球が投げられなかった」と話し、勝てば優勝の「有利な状況だったが、自分のせいで負けた」と反省を口にした。

視察した千葉ロッテの榎スカウト部長は、「ピンチでギアを上げて空振り三振がとれる強さは魅力。先発もリリーフもできるタイプ」とあらためて評価をした。

まず2部優勝を決め、入れ替え戦でチームに1部昇格を残してプロに飛び立ちたい。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
2022年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ロッテドラ1専大・菊地吏玖、延長11回途中まで2失点の力投も敗戦「自分のせいで負けた」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
ロッテから1位指名を受けた専大・菊地吏玖投手(4年=札幌大谷)が力投したが、延長タイブレークの末に敗れた。勝てば優勝が決まる一戦だったが、黒星を喫した。初回は… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

視察に訪れたロッテ榎スカウト部長は「ピンチでギアを上げて空振り三振がとれる強さは魅力。先発もリリーフもできるタイプ」と評価した。

ロッテ・ドラ1専大・菊地吏 延長11回途中まで熱投も2部Vお預け - スポニチ Sponichi Annex 野球
 専大が延長タイブレークの末、3―5で敗れて2部優勝は持ち越しとなった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント