西武ドラフト1位・蛭間拓哉選手が早慶戦でバックスクリーン弾、担当スカウト「さすがドラフト1位」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

東京六大学は早慶戦が行われ、埼玉西武がドラフト1位で指名した早稲田大・蛭間拓哉選手が、バックスクリーンへ今季1号となるホームランを放った。

スポンサーリンク

「負けてはいけない」

蛭間拓哉選手はこの日、1−0の6回にバックスクリーンに2ランホームランを放った。今季はこの日まで打率1割台と低迷していたが、3安打2打点の活躍に今季1号ホームランを放った。

蛭間選手は2年前の早慶戦でも、優勝を決める試合で9回2アウトから逆転の2ランホームランを放っており、また、早慶戦では春から3試合連続でホームランを放つなど、リーグ通算13本中5本をこのカードで放っている。「早稲田は慶応に負けてはいけない。早慶戦に特別な思いがある」と話す。

この日は埼玉西武の竹下スカウトが視察し、「こういう舞台で結果を残せることが魅力の1つ。改めてドラフト1位と確信した。さすがドラフト1位の選手です」と話し、勝負強さをあらためて評価していた。

これで今季のリーグ打率は.219と「ふがいなくてチームに申し訳なかった。」と話す成績となっているが、最後の早慶戦で勝点を奪って有終の美を飾りたい。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
2022年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
西武ドラ1、早大・蛭間バックスクリーン弾 今季1号含む3安打2打点 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 早慶戦の1回戦が行われ、早大が5―4で慶大に逆転サヨナラで先勝した。西武からドラフト1位指名を受けた蛭間拓哉外野手(4年)は今季1号の2ランを放つなど3安打2打点。20年秋に優勝に導く2本のアーチを放った「早慶戦男」が真価を発揮した。きょう6日も慶大が敗れれば首位・明大の春秋連覇が決定。勝ち点獲得で2季ぶりの優勝とな...

やはり大舞台に強い。1―0の6回。蛭間のバットから快音が響く。バックスクリーンへの2ラン。秋晴れの空に右拳を突き上げた。2年前の伝説を再現した主砲は「早稲田は慶応に負けてはいけない。早慶戦に特別な思いがある」と言った。

西武ドラ1早大・蛭間拓哉「なんとかかえそうと」現役最多タイ13号バックスクリーン弾で先勝 - アマ野球 : 日刊スポーツ
伝統の早慶戦は、早大が劇的なサヨナラ勝ちで先勝した。1点リードの6回1死二塁、西武ドラフト1位の蛭間拓哉外野手(4年=浦和学院)が、バックスクリーン直撃の2ラ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

早慶戦は今春から3戦連発で、通算5発と勝負強さが光る。8回にも三塁打を放ってほえた。担当の西武・竹下スカウトは「こういう舞台で結果を残せることが魅力の1つ。改めてドラフト1位と確信した」と話した。

【大学野球】 西武1位の早大・蛭間拓哉が早慶戦で今季第1号 「慶応は負けてはいけない相手」
 西武にドラフト1位で指名された早大・蛭間拓哉中堅手(4年=浦和学院)が、1―0の6回1死二塁の場面で今季第1号の2点本塁打を放った。
早大・蛭間弾!西武D1位が大暴れ3安打/東京六大学
1回戦1試合が行われ、早大は慶大に5-4で逆転サヨナラ勝ちした。西武からドラフト1位指名された蛭間拓哉外野手(4年)が「4番・中堅」でフル出場し、今秋1号を含む…
西武1位の早大・蛭間がバックスクリーンに今季1号の御礼特大弾【東京六大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇5日 東京六大学野球 早大5-4慶大(神宮) 早大が慶大に5―4で逆転サヨナラ勝ちして、優勝王手に待ったをかけた。1点を追う9回2死...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント