来年ドラフト候補左腕、星槎道都大の滝田一希投手が大学代表入りに挑戦

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

12月2日から4日まで行われる侍ジャパン大学代表強化合宿に、北海道からは星槎道都大の滝田一希投手が参加する。最速151キロの速球を投げる左腕で、福岡ソフトバンク3軍を相手に6回10奪三振の快投を見せており、来年のドラフト上位候補と注目されている。

スポンサーリンク

代表入りとドラフト会議の指名

星槎道都大の滝田一希投手は、今年夏のタンチョウリーグで福岡ソフトバンク3軍戦に先発し、6回2安打10奪三振の快投を見せた。左から最速151キロの速球を投げ、早くも北海道日本ハムなどが熱視線を送っている。

その滝田投手は12月2日から4日に行われる大学代表候補合宿に招集された。予想はしておらず、11月上旬に参加が伝えられた時は、「まさか自分が選んでもらえるとは思わなかった。びっくりした」と話す。

寿都高校では野球メンバーが足りずに連合チームで出場したこともあり、星槎道都大ではこの秋にリーグ制覇をしたものの、地区代表決定戦で東農大北海道に敗れ、まだ全国大会を経験したことがない。しかし、代表合宿では東洋大の155キロ左腕で来年ドラフト1位指名候補の細野晴希投手なども参加しており、「高いレベルで活躍している選手がたくさん集まる。全国を経験できていないので、アップの方法から生活面のことまで細かく聞いてみたい」と話す。

合宿への参加はいりいろな面で大きい。高いレベルの選手たちと交流することで、練習であったり、心構えであったり、または変化球など技術的なこともシェアしたりしながら、お互いが成長をすることができる。

そして何より、プロ入りに向けての効果も大きい。昨年に侍ジャパン大学代表に入った4年生の投手は、7人全員がドラフト会議で指名され(荘司康誠・楽天1位、菊地吏玖・千葉ロッテ1位、橋本達弥・DeNA5位、青山美夏人・西武4位、渡辺翔太・楽天3位、曽谷龍平・オリックス1位、矢澤宏太・日本ハム1位)ている。

同じ場所で比較され、力の差がはっきりと見えてしまう場でもあるが、代表まで残れれば、プロ入りへは非常に近い位置に進んでいくことができる。滝田投手は「三振を奪う能力は負けていないと思っている。自分がどこまで通用するか確認して、プロになるためにもメンバーに割って入りたい」と話した。

【2023】侍ジャパン大学代表強化合宿(12月)
2022年12月2日から4日に行われる侍ジャパン大学代表強化合宿の招集メンバーが発表されました。
2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
星槎道都大 最速151キロ左腕・滝田一希が大学日本代表候補合宿参加へ「三振を奪う能力は負けていない」
 12月2から4日まで、愛媛・松山坊っちゃんスタジアムで行われる大学野球日本代表候補合宿に星槎道都大の最速151キロ左腕・滝田一希投手(3年)が、道内大学から唯一参加する。来年7月の第44回日米大学野
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント