大学代表候補合宿、平成国際大155キロ右腕・冨士隼斗投手に注目

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 侍ジャパン

今日から始まる大学代表候補合宿では、155キロの速球を投げる平成国際大の冨士隼斗投手が注目される。

スポンサーリンク

この秋ノーヒットノーラン

冨士隼斗投手は180cm85kgの右腕投手で今年の夏に最速155キロを記録した。そしてこの秋のリーグ戦では関東学園大戦で17奪三振ノーヒットノーランを記録、4勝1敗、防御率0.82の成績を残し、プロのスカウトからも高い評価をされている。

この冬の大学代表候補合宿に招集され、「選ばれたいと思っていたけど、実力に達していないと思っていたので、書類が届き、最初は驚いた」と話したものの、「今は使える変化球がカーブとスライダーしかないので、合宿は成長できる場所だと思っていて精度とコントロールに注意していきたい」と合宿で、他の投手と情報交換をし、変化球を磨いていくと話した。

紅白戦での投球が注目される。

【2023】侍ジャパン大学代表強化合宿(12月)
2022年12月2日から4日に行われる侍ジャパン大学代表強化合宿の招集メンバーが発表されました。
日本代表候補強化合宿に最速155キロ右腕の平成国際大・冨士が意欲「合宿は成長できる場所」
侍ジャパンの大学日本代表候補強化合宿が1日、松山市で始まる。日米大学野球選手権(7月)へ向け、44人の選手が集まって行われるもので、今秋の関甲新リーグでノーヒッ…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント