155キロ左腕・東洋大の細野晴希投手は佐々木朗希投手がライバル

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

東洋大の最速155キロ左腕・細野晴希投手は、同じ世代の佐々木朗希投手をライバルとし、再来年に同じ舞台に上がるための決意を示した。

スポンサーリンク

佐々木・奥川世代

細野晴希投手は、2019年の春に行われたU18代表候補合宿に、佐々木朗希投手、奥川恭伸投手、西純矢投手、宮城大弥投手などと選ばれていたが、合宿の参加は辞退していた。ほかのメンバーがプロですでに輝きを放つ活躍をしており、「世代自体がライバル。すごいなと思ってみています。プロに入っておいていかれないようにしたい。負けていられない」とライバルとして強く意識する。

そして、細野投手自身も東都大学リーグでは、2年春の1部リーグで防御率1.56で3位になり、2部では今年春に3勝0敗、秋は3勝2敗と、チームのエースとして1戦目、3戦目に先発している。最速は155キロを記録し、すでに来年のドラフト1位指名が濃厚と評価され、佐々木朗希投手や宮城投手クラスとの声も十分聞かれる。

しかし、「自分の状態は2年生のときと比べてレベルアップしたけど、結局2部のままなので悔しい」と、今年での1部昇格を決めることができずに悔しさをにじませ、「自分が投げる試合も、チームとしても全勝したい。勝てるピッチャーを目指す」と話す。

先日行われた大学代表候補合宿に参加し、本人は納得していなかったものの、それでも他の投手を十分圧倒するような投球を見せた。そして、「上武大の進藤に投球のこととかを教えてもらった」と同世代の選手と交流し、更に野球技術を磨く。

この日、今年最後の練習を行った。来年はいよいよドラフトイヤーとなるが、プロ入りをすることをはもちろんとし、「順位にこだわりはない。プロに入ってからが大事だと思っている」と話した。

来年は細野の年となるように、まずは春に1部復帰をし、秋の東都1部リーグで無双の投球を見せたい。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2019)一覧
8月30日から韓国で行われるU18ワールドカップに出場する、侍ジャパンU18代表が発表されました。代表選手の横顔などを紹介します。(8月20日更新) (4月1日の1次候補の一覧も掲載)
【2023】侍ジャパン大学代表強化合宿(12月)
2022年12月2日から4日に行われる侍ジャパン大学代表強化合宿の招集メンバーが発表されました。
2023年ドラフト指名予想
 2023年ドラフト指名予想です。
【大学野球】 東洋大の155キロ左腕・細野晴希  来季の目標は「投げる試合は全勝」
 東都大学リーグ2部の東洋大は17日、埼玉・川越市の同校グラウンドで今年最後の全体練習を行い、来秋ドラフト候補の最速155キロ左腕・細野晴希投手(3年=東亜学園)がラストシーズンへの抱負を述べた。
来秋ドラフト候補の東洋大・細野晴希「世代自体がライバル。負けていられない」 〝佐々木朗希世代〟の155キロ左腕/東都
東都大学野球2部の東洋大が17日、埼玉・川越市のグラウンドで年内最後の練習を行った。来秋のドラフト上位候補に挙がる最速155キロ左腕の細野晴希投手(3年)=東京…
来年ドラフト候補の東洋大・細野晴希が練習納め「負けられない」ロッテ佐々木朗希らと同世代 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東都大学野球2部の東洋大が17日、埼玉・川越市内のグラウンドで練習納めを行った。来年ドラフト上位候補の細野晴希(3年=東亜学園)は今秋のリーグ戦について「自分… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
東洋大・細野 ロッテ・朗希ら同学年意識「置いていかれないようにしたい」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東都大学野球リーグ2部の東洋大は埼玉県内のグラウンドで年内最後の練習を行った。
東洋大・細野、来季は「全勝」同い年のロッテ・佐々木朗希らに「負けてられない」/デイリースポーツ online
 東都大学野球リーグ2部の東洋大が17日、埼玉県川越市内の同大学グラウンドで年内の活動を終えた。来年のドラフト上位候補に挙がる細野晴希投手(3年・東亜学園)は最速155キロを誇る左腕。来季は「投げる試合もチームとしても全勝したい」と目標を掲げた。 ついに勝負の年が来る。東亜学園時代も注目されていたが、プロ志望届は提出せ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント