中央大、西舘勇陽投手と中前祐也選手がプロ志望表明

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

中央大はこの日、年内最後の全体練習を終え、来年のドラフト1位候補の西舘勇陽投手と、主将の中前祐也内野手がプロ志望を明らかにした。

スポンサーリンク

「プロを目指してやってきた」

西舘勇陽投手は花巻東出身で、最速155キロの速球を投げ、球も低めに集められて変化球も使える投手で、来年のドラフト1位指名がすでに確実視されている。

この秋は5勝を挙げてチームを優勝争いさせ、ベストナインに選ばれると、侍ジャパン大学代表候補合宿にも参加し、その力を十分に見せていた。「今までの倍くらいのイニングを投げられたという意味で、チームに貢献出来たかと思います。春のプレーオフで、それまでの最速を4キロ上回る155キロを計測しましたし、変化球をカウント球に使えるようになったことで、投球の幅が広がりました」と今年を振り返った。

この日は今年最後の全体練習を終えてインタビューに応え、「プロを目指して大学に進学した。変えずにやっていきたい」と来年のプロ入りについて明言し、「プレーで引っ張って防御率1点台を目指したい」と来年の目標を語った。

西館投手は「昨年秋のリーグ戦までは普通に足を上げて投げていましたが、体重移動やリリースの感覚としてクイックの方がいいと感じていました。クイックにしたことが、安定感につながった感覚はあります」とクイックモーションで投げることをつづけ、クイックから150キロを超える球で相手バッターとのタイミングを外す投球ができるようになった。

「憧れは高校の先輩、菊池雄星さん」と話す西館投手、即戦力右腕投手として、1年目からローテーションはもちろん、エース級の投球ができるのではないかと思う。

また、浦和学院出身の中前祐也選手もプロ志望を表明した。浦和学院時代は打撃のある遊撃手として注目され、大学でも1年の秋から出場し、今年春には打率.343を記録してサードでベストナインを獲得した。

浦和学院時代に1つ上の先輩だった蛭間拓哉選手(早稲田大)や、大学で1つ上の先輩だった森下翔太選手がドラフト1位で、また、前主将の北村恵吾選手が今年のドラフト会議で指名されてプロ野球選手となった。中前選手も「身近な人たちがプロに行っているので、刺激しかないし、負けたくない。絶対プロになりたいです」と決意を述べた。

今年秋は打率.152と低迷してしまった。来年は春・秋に安定して3割を打ってアピールしたい。

2023年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
中大が練習納め 最速155キロ右腕・西舘と新主将・中前祐也がともにプロ志望明かす - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東都大学野球リーグの中大は、都内のグラウンドで年内最後の練習を行い、5人1組の10チームでグラウンド周辺の約3キロずつを走る駅伝を実施した。
【大学野球】 クイック投法から155キロ 独特の感性で成長を遂げた中大・西舘勇陽
東都大学リーグの中大は21日、東京・八王子市の同校グラウンドで今年最後の全体練習を行い、来秋ドラフト候補の最速155キロ右腕・西舘勇陽投手(3年=花巻東)が抱負を述べた。
プロ注目の中大・西舘勇陽が本格派クイックで来年のゼロ封宣言【東都大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
東都大学野球の中大は21日、東京都八王子市のグラウンドでことし最後の練習を行い、今秋ベストナイン投手でプロ注目の155キロ右腕、西舘勇...
中大は練習納めで恒例の「駅伝」復活 主砲ドラ1森下、ドラ5北村抜け来年は「つながり」意識 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東都大学野球の中大は21日、東京・八王子市内のグラウンドで練習納めを行った。コロナ禍を経て、恒例となっていた「駅伝」が復活。5人1組、10チームに分かれ、グラ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
中大の西舘と中前がプロ志望を明言 理想を西舘は「菊池雄星さん」、中前は「牧さん」/東都
東都大学野球1部の中大・西舘勇陽投手(3年、花巻東)と中前祐也内野手(3年、浦和学院)が練習納めの21日、八王子市のグラウンドでプロ志望を明言した。
中大 中前と西舘がプロ志望明言 阪神・ドラ1森下、ヤクルト・ドラ5北村に続く/デイリースポーツ online
 東都大学野球リーグの中大が21日、東京・八王子市の同大学グラウンドで年内の活動を終えた。新主将の中前祐也内野手(3年・浦和学院)と最速155キロ右腕・西舘勇陽投手(3年・花巻東)がプロ志望を明言。阪神ドラフト1位の森下翔太外野手(22)とヤクルトドラフト5位の北村恵吾内野手(22)に続きプロ入りを目指す。 中前は今季...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント