愛工大名電・伊藤基佑選手が日本経済大に進学、中学時代チームメイトのイヒネ選手・内藤選手がプロ入りで決意示す

2026年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

愛工大名電の伊藤基佑選手は、中学時代にチームメイトだったイヒネイツア選手と内藤鵬選手がドラフト上位で指名されてプロ入りしたことに刺激を受ける。

スポンサーリンク

東山クラブで

伊藤基佑選手は中学時代に軟式の強豪・東山クラブでプレーしていたが、同学年にイヒネイツア選手(誉)と内藤鵬選手(日本航空石川)がいた。そのチームの主将で遊撃手としてプレーし、2019年の春・夏の全国大会で準優勝をしている。

そして、イヒネ選手と内藤選手はそれぞれ福岡ソフトバンクのドラフト1位とオリックスのドラフト2位で指名され、今年、プロ野球選手となった。伊藤選手も愛工大名電の3番ショートで、走攻守に優れたプレーを見せており、ドラフト候補に名前が挙がっていた。しかしプロ志望届を提出したものの指名は無く、「イヒネと鵬が2人とも上位で指名された。自分が指名漏れして悔しい気持ちはあります」と話す。

それでも、「イッツァは身体能力がすごかったし、鵬も中学2年の時に横浜スタジアムのフェンス直撃を打っていた」と話し、ドラフト後には悔しさを持ちながらも二人に「おめでとう」と伝えた。

伊藤選手は日本経済大に進学をする。「もう1度挑戦できる機会があれば自分もプロに入って2人と一緒にプレーしたい。それが大きな刺激になるし、頑張る目標になる」と話した。

2022年高校生プロ志望届提出選手一覧
2022年の高校生プロ志望届提出選手の特徴や簡単な紹介です。10月6日は追加が0名で合計154名となりました。プロ志望届けの提出は本日が締め切りですが、一覧表には明日も追加される可能性があります。
愛工大名電高・伊藤基佑、プロ入りした2人の“背中”追って大学へ「もう1度挑戦できる機会があれば自分も」:中日スポーツ・東京中日スポーツ
愛工大名電高(愛知)で夏の甲子園に2年連続で出場した伊藤基佑内野手(3年)が、福岡六大学野球の日本経済大に合格した。今秋のドラフト会議...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント