亜細亜大が始動、草加勝投手がプロ志望「ずっと思っていた」

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

亜細亜大が始動し、150キロ右腕として注目される草加勝投手がプロ志望を明らかにした。小山翔暉捕手や松浦隆己外野手も注目される。

スポンサーリンク

ずっと思っていた

草加勝投手は182cm75kgの右腕投手、高校時代は創志学園で西純矢投手(2019年・阪神ドラフト1位)の控え投手として力のある球を投げており、亜細亜大でも徐々に登板機会が増えて行き、昨秋のリーグ戦では7試合に登板して防御率0.29を記録、最優秀防御率のタイトルを獲得した。

角度のある150キロのストレートにプロも注目をしているが、「個人の目標は、プロ野球に行きたいとずっと思っていたので、声を掛けてもらえるよう、しっかりアピールしていきたい」とプロ志望を明らかにした。

そして、「まずは春、自分の先発する試合で5勝すること。防御率も0点台に抑えられたらと思っています」と、この春に昨年のエースで埼玉西武にドラフト4位で指名された青山美夏人投手の背中を追う。

また、亜細亜大では小山翔暉捕手が「走攻守のレベルアップ、中でも捕手として失点を減らすことを意識して、投手陣と協力してやっていきたい」と目標を語り、チームの副将として投手陣を引き上げると話した。東海大菅生時代から身体能力の高い捕手として注目され、中学時代は陸上の100m✕4リレーで東海大会に出場したこともある俊足と、二塁送球が1.7秒台という強肩、そして高校時代は30本塁打を放った長打力を生かし、一気に勝負をかける。

また、主将の松浦隆己選手は昨秋のリーグ戦で打率.306、8打点を記録し、三塁手のベストナインに選ばれた。田中幹也選手(中日6位)から主将を引き継ぎ「1部リーグに残ることが全て。残った上でリーグ優勝を狙えるなら狙いたいが、上を見すぎると足元をすくわれる」と慎重な目標を掲げた。

昨年は大学野球選手権で日本一に輝き、ドラフト会議でも青山美夏人投手、松本晴投手(福岡ソフトバンク5位)、田中幹也選手、亜細亜大、重松凱人選手(福岡ソフトバンク育成ドラフト9位)と4人がプロ野球選手となった。今年も日本一とドラフト会議での大量指名を目指す。

2023年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
亜細亜大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】亜大の150キロ右腕・草加勝がプロ志望を明言…創志学園で阪神・西純矢と同級生
 昨年6月の大学選手権で日本一に輝いた東都大学野球リーグの亜大が9日、東京・日の出町のグラウンドで始動した。

昨秋のリーグ戦で7試合に登板し、防御率0・29で最優秀防御率のタイトルを手にした最速150キロ右腕の草加勝(くさか・しょう)投手(3年・創志学園)が、プロ志望を明言した。「個人の目標は、プロ野球に行きたいとずっと思っていたので、声を掛けてもらえるよう、しっかりアピール

亜大150キロ腕・草加 “亜大ツーシーム”磨いて奪三振量産誓う - スポニチ Sponichi Annex 野球
 昨年は20年ぶりに全日本選手権を制した亜大が都内のグラウンドで始動。プロ志望の150キロ右腕・草加は「春は自分にとっても勝負。自分の投球でチームを勝たせたい」と力を込めた。
亜大の最速150キロ右腕、草加勝が初練習でプロ志望を表明「声をかけてもらえるように」/東都
昨年の全日本大学野球選手権大会で優勝した亜大(東都1部)が9日、東京・西多摩郡の野球部グラウンドで年明け初の練習を行った。
亜大の150キロ右腕、草加勝『1部残留』『プロ入り』2つの目標設定「春に5勝、防御率0点台にしたい」【大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
昨春大学日本一の亜大が9日、東京都日の出町のグラウンドで、地元中学生を集めた野球教室をした後、初練習した。東都大学野球の1部残留を目標...
【大学野球】昨秋ベストナイン「走れる捕手」亜大・小山翔暉、走攻守の向上に気合「もっと走っていきたい」
 昨年6月の大学選手権で日本一に輝いた東都大学野球リーグの亜大が9日、東京・日の出町のグラウンドで始動した。
【大学野球】亜大が始動 松浦隆己新主将「1部残留が全て」…中日入りの田中幹也からキャプテン魂継承
 昨年6月の大学選手権で日本一に輝いた東都大学野球リーグの亜大が9日、東京・日の出町のグラウンドで始動した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント