アジア選手権(11月)の選考合宿に、吉永健太朗、大瀬良大地など大学生8選手が参加!

大学野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 アジア選手権大会、例年社会人選手のメンバーが揃いその中で1人か2人の大学生が選ばれる。2010年のアジア大会では当時慶大3年生の伊藤隼太選手(2011年阪神1位)1人が大学生で選出され、伊藤選手はレギュラーとして活躍した。

 また昨年のIBAFワールドカップでは今年のドラフト上位候補、九共大・川満寛弥投手が選ばれている。

 今年のアジア選手権大会は11月に台湾で開催されるが、その代表候補選考合宿が8月2日~5日に千葉で行われる。その合宿参加メンバーに早大・吉永健太朗投手、九共大・大瀬良大地投手、明大・岡大海投手の3投手と明大・高山俊など5人の野手など合計8人の大学生が参加する事となった。

 社会人候補は都市対抗が行われることもあり21日以降にメンバーが決定、発表される。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント