【侍ジャパン】大学代表が東芝に勝利してアメリカへ

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 侍ジャパン

侍ジャパン大学代表はこの日、社会人チームとの練習試合2戦目となる東芝と練習試合を行い、4−2で勝利した。

スポンサーリンク

勝利でアメリカへ

この日は中心メンバーと期待される青山学院大の西川史礁選手が3年生ながら4番を任されると、4打数3安打1打点と活躍を見せた。また5番を打った明治大の上田希由翔選手も初回にタイムリー安打を打ち、主軸が活躍して4点を奪った。

投手では先発した青山学院大の常広羽也斗投手が3回2失点だったが、東洋大の細野晴希投手が1回1安打1奪三振無失点、亜大の右腕・草加勝投手が3回無失点の投球を見せる。細野投手は東都リーグの入れ替え戦で185球を投げてから中8日での登板に「もう疲労感はなくて、今がちょうどいい感じです」と話す。草加投手は152キロを記録したものの3安打を許した。「まだボールに慣れていないので、真っすぐは何とかなるけど変化球がうまくコントロールできていない」と、日米大学野球で使用する国際球への対応について話した。

このあとは、桐蔭横浜大の古謝樹投手、九州共立大の右腕・木村仁投手がそれぞれ1回を無失点に抑え、東芝に4−2で勝利した。大久保監督は「投手はまだボールに慣れていなくて変化球の精度がもう一つ。それでも草加、細野は真っすぐでは対応できているような感じ。」と話し、投手はある程度計算ができている。しかし、もう少し、打ってくれれば」と打撃については課題とした。

この日は侍ジャパンU12代表の監督で、プロ野球で内野の名手として活躍した井端弘和氏が視察をしたが、「西川選手は振れるし、追い込まれてからも、きっちり反対方向にヒットを打っていた。知らない投手が相手でも、長打だけでなくうまく対応できる打者。4番に座るとチームが落ち着くのかなと思う。守備では、宗山選手。打球によってオンとオフがあり、うまいなと思う」と話し、打撃では西川選手、守備ではショートを守る宗山塁選手を評価した。

今日は合宿最終日を行い、いよいよアメリカに向けて飛び立つ。

【2023】侍ジャパン大学代表メンバー
2023年7月8日から米ノースカロライナ、サウスカロライナで行われる日米大学野球選手権に出場する、侍ジャパン大学代表チームメンバー26人が決定しました。
侍ジャパン大学代表が東芝に4-2勝利 3回無失点の草加勝「まだボールに慣れていない」
第44回日米大学野球選手権大会(7月7日開幕、米ノースカロライナ州)に出場する侍ジャパン大学代表が2日、神奈川・平塚市のバッティングパレス相石スタジアムひらつか…
侍ジャパンの4番だ!青学大・西川史礁4打数3安打1打点 1日に死球も一夜で復活 監督も期待 - アマ野球 : 日刊スポーツ
青学大・西川史礁(みしょう)外野手(3年=龍谷大平安)が、侍ジャパンの4番だ!東芝戦で、第44回日米大学野球選手権大会(米国)に出場する大学日本代表の4番を任… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
東洋大155キロ左腕の細野晴希1回無安打無失点「もう疲労感ない」東都185球完投から中8日 - アマ野球 : 日刊スポーツ
第44回日米大学野球選手権大会(米国)に出場する大学日本代表で、今秋ドラフト候補の最速155キロ左腕、東洋大・細野晴希投手(4年=東亜学園)が2番手で登板し、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
大学日本代表オープン戦を侍U12井端弘和監督視察 守備の名手が「うまいと思った」選手は? - アマ野球 : 日刊スポーツ
第44回日米大学野球選手権大会(米国)に出場する大学日本代表は、都市対抗に出場する東芝とオープン戦を行い、接戦を制した。試合を、U12日本代表の元中日、巨人の… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【大学野球】大学ジャパンの臨時コーチを務めた井端弘和氏 青学大・西川の打撃と明大・宗山の守りを評価 : スポーツ報知
 第44回日米野球選手権大会(日本時間8日開幕・米ノースカロライナ州ほか)に出場する侍ジャパン日本代表が2日、神奈川・平塚市のバッティングパレス相石スタジアムひらつかで社会人野球の東芝とオープン戦を行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2023 Draft home page

コメント