中央大が練習納め、スラッガー・桜井亨佑選手は「一番の目標はプロ」

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

中央大は12月20日に年内最後の練習を行い、主将でプロ注目の外野手・桜井亨佑選手は、来年への誓いを述べた。

スポンサーリンク

スカウトの方たちにも見てもらえる選手に

中央大からは、2020年に牧秀悟選手と五十幡亮汰選手がプロ入りすると、2021年には古賀悠斗捕手、2022年には森下翔太選手と北村恵吾選手、そして今年は西舘勇陽投手が巨人にドラフト1位で、石田裕太郎投手は横浜DeNAに5位で指名された。特に牧選手はWBCにも出場して活躍、森下選手は阪神の日本一に大きく貢献し、古賀選手も西武の主力捕手になるなど、早くからのプロでの活躍が目立っている。

中央大主将の桜井亨佑選手も、今年秋のリーグ戦で打率.351で首位打者となり、12月に行われた侍ジャパン大学代表強化合宿にも参加した。森下選手とは非常に仲が良く、ティー打撃では「調子にかかわらず、しっかりと振り切れ」とアドバイスを受けていたという。

主将としては「来年は日本一を目標に、全員で頑張っていきたい」と話し、スローガンを「結勝」とした。そして個人としては「コンタクトさせることには自信がある。もっと長打力を増やしたい」と首位打者と共にホームラン王も目指す。

そして「一番の目標はプロ。勝負どころでの1本を大事に、この冬でもっと成長して、リーグ戦でスカウトの方たちにも見てもらえる選手になりたい」と話し、秋のドラフト会議での指名を目標に戦っていくことを誓った。

主力や投手陣の柱が抜ける中央大だが、1年生に熊谷陽輝選手、東恩納蒼投手、新妻恭介捕手などが入ってくる。清水監督も「1年生も良ければ春から使っていきたい」と話し、昨年よりも今年、今年よりも来年が更に進化したチームとなるようにしていく。

中央大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2024年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
中大が練習納め 新主将・桜井が大切にする先輩の阪神・森下からの言葉とは - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東都大学野球リーグ1部の中大は20日、東京都八王子市内のグラウンドで年内最後の練習を行った。今年は春5位、秋3位と目標のリーグ優勝はかなわなかったが、新主将に就いた桜井亨佑外野手(3年=習志野)は「来年は日本一を目標に、全員で頑張っていきたい」と新たな誓いを立てた。
中大・練習納め 新主将の桜井亨佑、先輩の阪神森下のアドバイスを胸に同じプロの舞台目指す - アマ野球 : 日刊スポーツ
東都大学野球の中大は20日、東京・八王子市内のグラウンドで練習納めを行った。新チームの主将に就任した桜井亨佑外野手(3年=習志野)は「来年は日本一を目標に、チ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【大学野球】 巨人ドラ1西舘の穴は結束力で埋める  中大の新スローガンは「結勝」 : スポーツ報知
 東都大学リーグの中大は20日、東京・八王子市の同校グラウンドで年内最後の練習を行った。
中大、来年スローガンは「結勝(ゆうしょう」 プロ注目・桜井らが練習納めで決意:中日スポーツ・東京中日スポーツ
東都大学野球の中大は20日、東京都八王子市のグラウンドで今年最後の練習を行った。新主将の桜井亨佑外野手(3年・習志野)と副主将の山本聖...
中大が練習納め プロ入り目指す新主将の桜井「日本一を目標に、チーム全体で頑張ります」/東都
野球、サッカー、ラグビー、ゴルフなどスポ...
中大・清水監督 来年入学の東恩納、朗希弟ら新1年生に期待「良ければ春から使っていきたい」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東都大学野球リーグの中大は20日、東京都八王子市内のグラウンドで年内最後の練習を行った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント