早大が47度目の優勝、尾瀬雄大選手・山縣秀選手の成長で打線が完成

2024年ドラフトニュース 2025年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

東京六大学は早稲田大が2020年秋以来7季ぶりの優勝を決めた。優勝のかかった早慶戦でも1戦目、2戦目に猛打をみせ、慶応大を寄せ付けなかった。

スポンサーリンク

打線完成

早稲田大は秋は3年続けてあと一つの所で優勝を逃していた。小宮山監督の元、伊藤樹投手を中心とした投手陣を中心としてチームとなっていた。

しかし、昨年に1番・尾瀬雄大選手、2番・山縣秀選手を起用し続けると、今季は尾瀬選手が打率.479で首位打者、山縣選手も.366を記録、1年時から注目されていた3番・吉納翼選手、4番・印出太一選手につながる打線となり、早慶戦では1回戦が8-1、2回戦が12-2と打撃で圧倒した。

小宮山監督は昨秋に一部の4年生について、「ふざけた態度で球拾いをしていた。捕れもしない打球に頭から飛びついて。こんなチームに優勝の資格はない」と練習の姿勢に厳しく指導した。そして3年生以下に「野球の神様に、優勝にふさわしいと資格認定してもらえるようになろう」と話し意識を変えていった。

この日の優勝インタビューでは、「長らくお待たせしました!秋には3年続けて“あと1つ”で優勝を逃していましたので、この春は何が何でもと。選手たちが毎日、血のにじむような努力をしてくれたおかげで、勝つことができました」と話し、選手たちをたたえた。

大学野球選手権に出場する。東都リーグの青山学院大などもいるが、今年は地方のチームの戦力も充実しており、一発勝負の続くトーナメントで東京六大学覇者のプライドを持ちながら勝ち上がりたい。

早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
大学野球選手権(2024)の出場決定速報
大学野球選手権大会(6月10日~)に出場するチームと、主な注目選手を簡単にまとめます。
「こんなチームに優勝の資格はない」小宮山悟監督の怒りから始まった早大の復活劇…7季ぶり単独最多47度目V - スポーツ報知
 雨天の中、2万8000人が集った早慶戦の第2戦は、早大が19安打12点と慶大に打ち勝ち、2020年秋以来7季ぶり47度目の優勝を決めた。優勝47度は法大を上回りリーグ単独最多。早大が勝ち点5の完全優
早大、7季ぶりリーグ優勝 リーグ最多となる通算47度目の優勝 - アマ野球 : 日刊スポーツ
早大が慶大戦、いわゆる「早慶戦」に連勝し、20年秋以来7季ぶりとなるリーグ優勝を決めた。リーグ最多となる通算47度目の優勝となる。春季リーグの優勝は茂木栄五郎… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
早大 猛打で圧倒 7季ぶり47度目V 小宮山監督“ロッテ時代の背番号”14度宙に舞った/デイリースポーツ online
「東京六大学野球、早大12-2慶大」(2日、神宮球場) 3回戦1試合が行われ、早大が慶大を19安打12得点と圧倒して2連勝し、2020年秋以来7季ぶり47度目の優勝を飾った。勝ち点5の完全優勝で、法大と並んでいた優勝回数で単独最多とした。こ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント