近畿は京都国際が智弁和歌山に勝利し優勝、2年・西村一毅投手も左腕エースの系譜を継ぐ

2025年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

春季高校野球近畿大会は決勝戦が行われ、京都国際が智弁和歌山に3-2で勝利し優勝した。2年生左腕の西村一毅投手が完投した。

スポンサーリンク

左腕エースの系譜

昨日の準決勝では3年生の左腕エース・中崎琉生投手が天理を9回1失点に抑えて勝利をしたが、この日の決勝戦は2年生左腕の西村一毅投手が先発した。

序盤は四球が多く、ランナーを背負う投球となったが、4回まで無失点に抑える粘りを見せる。5回に3安打で1失点、7回にも安打と味方のエラー、四球でピンチから犠牲フライで1失点をしたものの、それ以上の追加点を与えずに粘ると、味方がその裏に同点に追いつき、9回にサヨナラで勝利した。9回5安打4奪三振5四死球2失点の完投勝利でチームを優勝させた。

「試合前は、打たれるかな、と心配でした」と話すが、強打の智弁和歌山を抑えた。前日には中崎投手が完投しており、2試合連続で左腕が完投勝利を挙げた。小牧監督は「森下みたいになりたい、と来てくれる。活躍が受け継がれ、伝統になってきたのかな」と話し、森下瑠大投手(2022年横浜DeNAドラフト4位)が甲子園で活躍してプロ入りした事で、左腕投手が高校に集まるようになった。

昨年は杉原望来投手(2023年広島育成ドラフト3位)、長水啓眞投手(2023年福岡ソフトバンク育成ドラフト8位)と、森下投手を受け継いだ2人の左腕がプロ入りした。中崎投手、西村投手もエースの系譜を受け継ぎ、そしてプロ入りを目指す。

近畿屈指の左腕王国となっている京都国際、春秋通じて近畿大会を初制覇した。

2025年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
京都国際高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
京都国際がサヨナラで初優勝 受け継がれたサウスポーの系譜、2年生・西村が2失点完投 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 春季高校野球近畿大会決勝が行われ、京都国際(京都1位)が智弁和歌山(和歌山1位)に3―2で9回サヨナラ勝ち。春秋通じて初優勝を果たした。先発した背番号11の左腕・西村一毅投手(2年)が2失点完投で頂点に導いた。
京都国際がサヨナラ劇で初優勝 9回完投の西村一毅「チームを勝利に導くピッチングをしたかった」/春季近畿大会
春季近畿高校野球大会決勝(2日、明石トーカロ)京都国際が智弁和歌山に3-2でサヨナラ勝ちした。春夏通じて9度目の出場で初めて近畿王者に輝いた。先発の西村一毅(い…
京都国際 近畿大会初優勝 最速136キロ左腕・西村9回2失点完投 今春センバツベンチ外も覚醒/デイリースポーツ online
「春季高校野球近畿大会・決勝、京都国際3-2智弁和歌山」(2日、明石トーカロ球場) また一人、好左腕の系譜を受け継いだ。京都国際の背番号「11」で最速136キロ左腕・西村一毅投手(2年)が9回5安打2失点で完投。京都府勢としては2008年の...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント