亜細亜大・嶺井博希選手が勝ち越しタイムリー、沖縄尚学とアベック決勝進出

桐蔭横浜大, 九里亜蓮, 亜大, 山崎康晃, 嶺井博希, 小野和博

 明治神宮大会準決勝、亜細亜大は桐蔭横浜大との3大会連続の対戦にタイブレークで勝負し、決勝進出を果たした。嶺井博希捕手のヒットから4点を奪う攻撃を見せた。

九里亜蓮投手、山崎康晃投手が好投

 亜細亜大の先発は広島ドラフト2位の九里亜蓮投手、低めに伸びるストレートと、スライダー、チェンジアップを織り交ぜながら打たせて取るピッチングで6回まで無失点に抑える。しかし7回、1アウトから四球を与えると2連打で1失点をして降板をした。リリーフは来年のドラフト1位候補・山崎康晃投手、140km/h後半の速球を低めに集め、大学生では打てないと思われるピッチングでピンチを摘むと、9回までを無失点に抑える。タイブレークでも打者二人を落ち着いて抑え、結局3回1/3を投げて1安打6奪三振、日米大学野球で1点も与えず最優秀投手賞に輝いた日本の大魔神が、格の違いを見せ付けた。

嶺井博希選手の攻守の活躍

 東浜巨投手、九里亜蓮投手、山崎康晃投手と各世代のエースをリードしてきた嶺井博希捕手にとって、この大会は集大成となる。この大会も絶妙のリードで2人の投手をリードし、昨年悔しい思いをした桐蔭横浜大にリベンジした。朝1番にグラウンドに出て練習の準備をし、チームの信頼を集めた。

 生田監督からも全幅の信頼で、この日は延長10回のタイブレークでは、3番、4番からではなく、5番の嶺井博希選手からの攻撃を選択した。嶺井選手も期待に応えてタイムリーヒットを放つと、そこから4点を奪う攻撃を見せた。この日は4打数2安打1打点、攻守にチームの軸だった。

 出身高校の沖縄尚学も決勝に進出を決めていた。沖縄尚学のナインからも「嶺井さんと明治神宮にいく」と目標にされ、共に決勝進出を決めた。優勝を手にして、高校、大学に別れのあいさつとしたいだろう。

桐蔭横浜大の粘り

 昨年王者の桐蔭横浜大も粘りを見せた。先発で昨年亜大を完封した小野和博投手が先発すると、動くストレートとスライダーを低めに集め、7回まで5安打6奪三振1失点に抑える。8回からは左のサイドスロー・上田拓磨投手が登板し2回を無失点に抑えた。タイブレークで敗れたものの、最少失点に抑える守りの野球を、昨年秋、そして春の大学野球選手権と全国の舞台で見せた。

 出身の東明大貴投手(富士重工)がオリックスにドラフト2位指名され、初のプロ野球選手が誕生する。これからも注目されるチームとなるでしょう。

 勝ち越し打に、こん身のガッツポーズを繰り出した。1―1の延長10回だ。1死満塁からのタイブレークで、嶺井が左前適時打。物静かな主将は「みんな(の思い)を背負って打ってやろうと思った」と雄叫びを上げた。

 DeNAからドラフト3位指名を受けた強肩強打の捕手。最上級生にもかかわらず早朝6時から先頭に立って練習の準備を始め、後輩の草むしりに付き添いながら相談にも乗る兄貴肌だ。生田勉監督から「おまえで決めてこい」と送り出された。

 1―1の8回2死二塁の好機では桐蔭横浜大の変則左腕・上田に直球に詰まらされ、投ゴロに倒れた。10回はその上田を捉え「また直球で攻めてくるはず。負けないように振りきろうと思った」と、昨年準決勝で敗れた相手に雪辱を果たした。

 大会後に教育実習に向かう予定の母校・沖縄尚学も決勝進出も決めた。「後輩たちも勝って、自分たちも勝てればいい。これまでやってきたことを試合に込めたい」と嶺井。チーム7年ぶり4度目の優勝へ、そして自身初の大学日本一へ鼻息は荒い。

  タイブレークの延長十回、先頭打者に指名されたDeNAのD3位・嶺井が左前にはじき返して勝ち越し。チームはこの回計4点を奪った。「(生田)監督に“迷わずいけ”といわれ、自信を持って打席に立てた。決勝は絶対負けないという気持ちで、集大成にしたい」。接戦をものにした生田監督は「投打全てに嶺井のチーム。最後もやってくれるでしょう」と主将に期待を寄せた。


PAGE TOP