大学野球選手権3日目を振り返る

近藤弘樹, 服部創太, 勝俣翔貴, 蔵本治孝, 纐纈甲太朗

大学野球選手権3日目は、どの試合も実力伯仲で接戦となった。

岡山商大vs和歌山大

岡山商大は186cm95kgから149キロを投げる蔵本治孝投手が先発も3回途中4失点で降板、軽く投げて140キロ中盤を出すが、しっかり体をつかって腕を振るようになれば楽しみ。

3回途中から登板した近藤弘樹投手は6回2/3を投げて3安打4奪三振、先日の登板の疲れが残っていると4四死球を与えたが無失点に抑える好投を見せた。今大会で十分アピールすることができ、秋のドラフト会議が楽しみとなった。

中部大vs国際武道大

2年生となった国際武道大・勝俣翔貴選手が3番サードで出場し、5打数2安打2打点の活躍を見せた。サードとして順調に成長をしている。1年時からスタメンで起用され期待されている服部創太選手が4番で出場し、4打数1安打1打点も、バッティングでは期待させる感じはなかった。

中部大の4番・纐纈甲太朗選手は、初戦もこの試合も1安打だがしっかりとしたスイングができている。

全日本大学野球選手権3日目の対戦カードと注目選手


PAGE TOP