仙台六大学リーグ(2018春)の見どころ

清水敬太, 松下圭太, 津森宥紀, 山野太一, 稲毛田渉

仙台六大学リーグが7日に開幕する。注目選手などを紹介します。

注目選手

昨年のドラフト会議は、仙台大の馬場皐輔投手が阪神にドラフト1位で指名され、楠本泰史選手や笠井駿選手が横浜DeNAと巨人に指名された。東北福祉大、仙台大、東北学院大などを中心に東北工業大、東北大、宮城教育大戦う仙台六大学リーグは、プロからも注目されるリーグの一つ。

しかし今年の4年生については、ドラフトで指名されるという選手は今のところ少ない。その中で最も注目したいのは、宮城教育大の松下圭太投手だろう。リーグ最速の151キロを記録し、全国でもトップクラスの球威を見せる。183cm79kgの身体もあり、福島高校時代には立教大でエース格となっている手塚周投手と共に注目をされていた。

チームとしては、上位3チームと打撃や守備などでレベルの差があるのは否めないが、松下投手の輝きは、チームのレベルを上げていく要因となりそうだ。

それでも仙台大は3年生の稲毛田渉投手や大関友久投手などがおり、東北福祉大も3年生になった津森宥紀投手や山野太一投手など140キロ後半を投げてくる投手がそろう。4年生では東北福祉大の清水敬太投手が147キロを記録しており、今年の活躍に期待したい。

2018年度-仙台六大学リーグのドラフト候補リスト
2018年度以降-仙台六大学リーグのドラフト候補リスト


PAGE TOP