横浜DeNAのドラフト1位・東克樹投手、援護なく敗戦も7回9K1失点

東克樹

即戦力として期待され、ドラフト1位で横浜DeNA入りしていた東克樹投手が、開幕から5戦目となるこの日の阪神戦に先発し、7回9奪三振1失点の好投を見せた。

150キロで三振

東克樹投手は、プロ初登板を開幕5戦目の先発として迎えた。開幕ローテーション候補としてキャンプから期待され続け、オープン戦でも結果を残して手にした権利だった。

そして初登板を迎えたこの日、初球にサインミスでカーブを投じ、戸柱捕手からにらまれる場面もあったが、「あれで緊張が取れたかな」と話すと、先頭の高山選手から150キロの速球で空振り三振を奪った。

初回は3つの三振を奪うと、その後、4回に福留選手の2ベースヒットから、犠牲フライを許して1失点をした。それでも、「緊張はなかった。楽しんで投げられたと思う」と話すように、7回を投げて6安打9奪三振1失点、大合格のピッチングを見せた。

チームは打撃は不調で、この日はメッセンジャー投手に3安打に抑えられ完封負け、東投手には1敗が付いてしまったものの、今年1年間、ローテーションとして活躍をしてくれそうな投球だったことは間違いない。

横浜DeNAはドラフト8位ルーキーの楠本泰史選手が7番ライトに入り、1番にはドラフト2位の神里和毅選手が入った。今永投手、濱口投手、ウィーランド投手、梶谷選手など主力が離脱し、桑原選手を始め主軸に当たりが出ない緊急事態となっているが、京山投手や飯塚投手を始め、若い選手達が何とかチームを支えようとしている。

今は苦しい時だが、主力が復活したときに、力をつけた若手と一体となったチームができれば、怪我の功名といえるようになる。

2018年ルーキーの活躍一覧 | ドラフト会議ホームページ2018 Draft home page

DeNAのドラフト1位左腕・東がプロ初先発で7回1失点と好投したが、打線の援護がなくプロ初黒星を喫した。「思ったよりも緊張しなかった。楽しんで投げられた」。初回の先頭・高山は、この日最速となる150キロ直球で空振り三振。チェンジアップ、カーブ、スライダーを織り交ぜながら7回までに9三振を奪った。

「初回から全力でいった」と東。先頭・高山の初球にサイン違いのカーブを投げるが「あれで緊張が取れたかな」と、ご愛きょうだ。最後は150キロの直球で空振り三振に斬り、この回はすべてのアウトを三振で奪った。

 その左腕も四回にプロの洗礼を浴びる。1死一塁で「高めに浮いた失投が点につながった。1球の重み、大切さを痛感した」とカーブを福留に右越え二塁打とされ、大山の左犠飛で先制点を許した。


PAGE TOP