2018高校生ドラフト番付

ドラフト番付 高校野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

2018年の高校生のドラフト候補選手の番付です。プロ志望かどうかは関係ないランク付けです。

2018年高校生ドラフト番付(プロ志望関係なし版)

プロ
志望
投手 野手守備プロ
志望
   横綱藤原恭大大阪桐蔭 
   横綱根尾昂大阪桐蔭 
 吉田輝星金足農大関小園海斗報徳学園 
 引地秀一郎倉敷商大関野村大樹早稲田実
 渡邉勇太朗浦和学院関脇野村佑希花咲徳栄
 柿木蓮大阪桐蔭関脇北村恵吾近江 
勝又温史日大鶴ケ丘関脇太田椋天理 
市川悠太明徳義塾小結林晃汰智弁和歌山
戸郷翔征聖心ウルスラ小結    
 松本 晴樟南小結    
 田中法彦菰野前頭1山下航汰健大高崎
古谷拓郎習志野前頭2小幡竜平延岡学園
大畑功士郎筑陽学園前頭3増田陸明秀日立
直江大輔松商学園前頭4蛭間拓哉浦和学院 
 山口航輝明桜前頭5石橋康太関東第一
 河浦圭佑小倉前頭6大谷拓海中央学院 
鈴木裕太日本文理前頭7万波中正横浜 
 小寺智也龍谷大平安前頭8高山遼太郎健大高崎 
 源隆馬宮崎学園前頭9今井大輔市立太田 
 衛藤慎也聖光学院前頭10矢澤宏太藤嶺藤沢
矢澤宏太藤嶺藤沢前頭11山口航輝明桜 
垣越建伸山梨学院前頭12奈良間大己常葉大菊川 
 橋本達弥長田前頭13土井克也唐津商 
 山田龍聖高岡商前頭14大越弘太郎健大高崎 
 横川凱大阪桐蔭前頭15森下翔太東海大相模 
 木村颯太佐賀商前頭16鶴田克樹下関国際
米倉貫太埼玉栄十両松下壮悟星槎国際湘南 
 森悠祐広陵十両斎藤大輝横浜 
川原陸創成館十両中川卓也大阪桐蔭 
 沢田龍太富山商十両桜庭佑希也弘前東 
宜保翔未来沖縄十両松井義弥折尾愛真
土居豪人松山聖陵十両中山瞬創志学園
鶴田克樹下関国際十両小池悠平前橋育英 
平井快青岐阜第一十両濱田太貴明豊
水野喬日湖西十両田宮裕涼成田 
 大谷輝龍小松大谷十両今井佑輔健大高崎 
細川拓哉明秀日立十両田中幹也東海大菅生 
羽田野温生汎愛十両矢吹栄希聖光学院 
 岸川海二松学舎大付十両芳賀大成明秀日立 
 草薙柊太国士舘幕下杉澤龍東北高 
 小林綾松本深志幕下小泉航平大阪桐蔭 
 定本拓真三重幕下根来龍真常葉大菊川 
 門馬亮藤岡中央幕下野尻幸輝木更津総合 
 石井峻太国士舘幕下坂井翔太中越
野元由翼佐世保工幕下益子京右青藍泰斗
横田龍也豊田工幕下上田優弥日本航空石川 
 大石晨慈近大付幕下斎藤未来也関東第一 
 杉本幸基大垣日大 幕下石川雅晴坂井 
 荒木雅玖海星幕下水野達稀丸亀城西 
荘司宏太駿台甲府幕下松田憲之朗龍谷大平安 
中神拓都市岐阜商幕下中村奎太日大三 
 修行恵大大垣日大幕下牧野翔矢遊学館
 秋山凌祐愛工大名電幕下長南有航横浜 
 沼田翔平旭川大幕下山田健太大阪桐蔭 
 扇谷莉東邦幕下中神拓都市岐阜商
小江光樹朝倉幕下湯浅麗斗生光学園 
清宮虎太朗八千代松陰幕下中尾勇介山梨学院 
國仲祐太中部商幕下藤田希和福知山成美
金子知生新田暁幕下沢井廉中京大中京 
 中田優斗花咲徳栄幕下日置航日大三 
 山本大雅三重幕下東亮汰三重高校 
 立石 健大体大浪商幕下門叶直己瀬戸内 
 知念大成沖縄尚学幕下南保良太郎星稜 
 平田龍輝智弁和歌山幕下成瀬和人静岡 
 東山怜士丸亀幕下谷口嘉紀神戸国際大付 
宮城滝太滋賀学園幕下吉田龍生市和歌山 
 鳴川俊介川内商工幕下金山昌平創志学園 
 河村唯人日大三幕下黒川直哉高陽東 
 小野寺瑞生東海大甲府幕下村松開人静岡 
 石橋幹沖学園幕下谷合悠斗明徳義塾 
 佐藤幸弥羽黒幕下樺嶋竜太郎福岡大大濠 
 才木海翔北海道栄幕下重松凱人戸畑 
 中山翔太東北高幕下北原翔前橋育英 
 勝本樹明石商幕下内野裕太波佐見 
 福田翔宇都宮短大付幕下萩尾匡也文徳 
靏 仁石見智翠館幕下山崎拳登横浜 
 石橋 翔武修館幕下柴田颯札幌第一 
 古賀雅也藤代 幕下須田優真聖光学院 
 神野竜速西武台千葉 幕下今里凌専大松戸 
 平田昂大広島新庄 幕下小松勇輝東海大相模 
 ピダーソン和紀クラーク国際 幕下横瀬辰樹横浜隼人 
中村泰成土浦日大 幕下新保利於瀬戸内 
星野健太山梨学院幕下近藤翔真国学院栃木 
    幕下田中悠我帝京 
   幕下柳本優飛愛工大名電 

上位候補の評価

横綱は大阪桐蔭の藤原選手と根尾選手、内野手・外野手でプロでも中心選手としてプレーする姿が想像でき、今年のドラフトの目玉はこの二人となった。

続くのは金足農の吉田投手、倉敷商・引地投手、報徳学園・小園選手、早稲田実の野村選手、吉田投手はスケールはそれほどないものの、ストレートの伸びとフィールディングなどを高く評価、逆に引地投手は今年の投手の中でスケールでトップクラス、将来どこまで成長をするか計り知れなさがある。小園選手は根尾・藤原とBIG3だが、この先の伸びという点で大関とした。野村選手は体は大きくないがパンチ力と意識の高さは根尾選手に匹敵する。

続くのは関脇、浦和学院・渡邉投手は190cmのスケールと投げる球も本物で将来性抜群、柿木投手は既にすべての点で高い値をつけられ完成度が高いものの、まだ成長できる。勝又投手は引地投手と同じくらい将来性を評価した。花咲徳栄・野村選手は軽く振って本塁打のパワーと打撃フォームが安定している。守備をもっと見たかった。北村選手も打撃では野村選手に匹敵する。太田選手はショートの守備が抜群だが打撃でも坂本勇人選手のようになれる存在。

続いて小結、明徳義塾の市川投手と聖心ウルスラの戸郷投手は、サイドから140キロ超の強い球を投げられ、まだ測れない伸びしろがある。将来の可能性も非常に高い。松本投手は今年の左腕投手ではNO.1だろう。制球力、球威など十分だった。大学進学が決まっているようだ。智弁和歌山の林選手は左のスラッガータイプとして最も高く評価をした。

その他の候補・投手

菰野の田中投手、習志野の古谷投手、筑陽学園の大畑投手、松商学園の直江投手はプロの評価が高く、指名は確実とみられる。明桜・山口投手は怪我がなければ今年のトップクラスの投手になったことは間違いなく、その状態を探りたい。小倉の河浦投手もプロの評価が高い。日本文理・鈴木投手は150キロの力のある球を投げ、素質で指名したい。小寺投手は抜群の制球力と安定度に加え、最後の夏に球速も伸ばし、プロ志望をすれば即戦力として指名されそうだ。

宮崎学園の源投手はU18代表に力勝負を見せ、球威ではトップクラス、聖光学院・衛藤投手、佐賀商・木村投手、広陵・森投手、下関国際・鶴田投手は最後の甲子園で素晴らしい成長を見せた。藤嶺藤沢の矢澤投手、山梨学院・垣越投手、高岡商・山田投手、大阪桐蔭の横川投手、創成館・川原投手は力のある球を投げる左腕でそれぞれタイプが違う。各球団がどこを評価して指名してくるか。長田の橋本投手は、147キロの速球を投げ、もっと上位に来てもおかしくない投球をしている。

素質で評価されるのが、埼玉栄・米倉貫太投手、岐阜第一・平井快青投手、湖西・水野喬日投手、汎愛・羽田野温生投手、明秀日立・細川拓哉投手で、それぞれきれいなフォームや力強い球を投げる。小松大谷の大谷輝龍投手は、140キロ後半の素晴らしい球を投げ、球威では金足農・吉田投手に負けない。

その他候補・野手

山下選手は智弁和歌山・林選手と比較して優るとも劣らない。延岡学園・小幡選手は大型遊撃手で、U18代表戦で素晴らしい守備を見せている。増田選手は身体能力の高いプレーが目立ち、蛭間選手は攻守に能力とセンスの高さを見せる。石橋選手は強肩もあるが強打でプロが注目、健大高崎・高山選手も強い打球が目立った。中央学院・大谷選手、横浜・万波選手、東海大相模・森下選手、下関国際・鶴田選手は長打力という点でツボにはまった打球はどこまでも飛んでいく。明桜・山口選手も今年の候補の中でトップクラスの長距離砲の潜在能力を持っている。

市立太田の今井選手、常葉大菊川の奈良間選手、横浜の斎藤選手、大阪桐蔭の中川選手は内野手の守備で危なげなく、高いレベルの打撃を見せる。捕手では唐津商の土井選手が打撃が良い。成田の田宮選手、大阪桐蔭の小泉選手、常葉大菊川の根来選手、青藍泰斗の益子選手、坂井の石川選手などの捕手はやや低い位置になっているが、捕手の貴重さを考えるともっと上に評価されるかもしれない。

2018年度-高校生投手のドラフト候補リスト
2018年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
2018年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント