早大・小島和哉投手が13Kでリーグ19勝、10月1日にプロ志望届提出

小島和哉, 早稲田大

早稲田大のエース・小島和哉投手が立教大から13三振を奪う好投を見せ、リーグ通算19勝目を挙げた。10月1日にもプロ志望届を提出する。

20勝に王手

早稲田大の小島和哉投手は、浦和学院の2年時にセンバツで優勝投手となり、プロからも注目されていた。大学では1年目春に3勝0敗の成績を残すと、秋も3勝0敗、そして2年時は春秋合わせて5勝、3年時は春秋合わせて3勝どまりだたったが、今年春は自己最多の4勝を挙げていた。4年間、大きな故障もなく登板した。

そしてこの日の立教大戦では、140キロ前後のストレートと130キロ台で鋭く曲がるカットボールを駆使して13三振を奪う。9回を投げて6安打13奪三振1失点で完投勝利を挙げた。最速は8回に記録した144キロ、147球を投げ切り、リーグ19勝目を挙げ、20勝に王手をかけた。「法政戦の3戦目で8、9回に変化球が高めに浮いたので、今日は低めを意識した。ホッとしています」と話した。

10月1日にプロ志望届

小島投手は今年、最速147キロを記録し、また浦和学院、そして早稲田大で実績を積み重ねておりプロも注目をしている。ただし、スカウトの口から名前が出てくるような、ドラフト上位候補というような高い評価は今のところ聞かれない。それでもこの日は、中日の八木スカウトが「途中からフォームの間が取れるようになったり、いい真っすぐがいっていた」と評価した。

小島投手は進路をプロ1本に絞り、「毎年、早大はこの日なので」と10月1日にプロ志望届を提出することを明らかにした。今年のドラフトでは左腕投手が全体的に少なく、高校時代から安定して投げ続けて実績も十分の小島投手が、どのくらいの評価を受けるのかが注目される。先輩の大竹耕太郎投手が昨年に育成ドラフトでソフトバンクに指名され、今年支配下登録をされて2勝を挙げている。この影響もプラスに働くかもしれない。

2018年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

エース兼主将の小島が9回6安打1失点、13奪三振の好投で現役最多の通算19勝目(今季初勝利)を飾った。「法大戦で変化球が浮き、打たれて負けたので、低めにと注意した」と左腕。プロ志望届提出は10月上旬を予定しており、「意識せず、リーグ戦に集中してやっている」と語った。

浦和学院2年時にセンバツ優勝。早大では結果が伴わない時期があってプロの評価が一定しなかったが、進路はプロ一本に決めた。「毎年、早大はこの日なので」と10月1日にプロ志望届を提出する。


PAGE TOP