145キロ右腕・聖光学院の湯浅京己投手がBC富山からNPB目指す

聖光学院, 富山サンダーバーズ, 湯浅京己

聖光学院で投手転向から半年で145キロを記録した湯浅京己投手が、BCリーグの富山からNPB入りを目指す。

2年冬に投手転向

湯浅京己投手は聖光学院で内野手としてプレーしたものの、2年生の秋までは成長痛のため腰痛に悩まされ、記録員などをしていた。そして2年生の冬に腰痛がおさまると、投手に挑戦することを決めた。

転向するとすぐに135キロの質の良い球を投げ、それが評価されて3年生の春は初のベンチ入りを果たした。そして福島大会決勝では4回3失点ながら公式戦初登板も果たした。

夏も背番号18でベンチ入りすると、3回戦で1イニングを投げ、そこで自己最速となる145キロを記録、甲子園ではベンチから外されたものの、ドラフト候補として名前が挙がるようになった。

BCリーグからNPB目指す

湯浅投手は昨年秋のBCリーグのドラフト会議で富山から1位指名を受けた。公式戦はわずか2試合だが、腰痛が治り、投手転向してわずか半年で145キロを記録するなど伸びの勢いがある。182cmの湯浅投手は本格派右腕として期待される。

「今から自分を追い込んで、1年目からチームの優勝に貢献したい。その先にプロがある」と話す湯浅投手、実戦での登板が増えれば評価は上がっていくと思う。今年1年でさらに成長しそうで、1年でNPB入りをする可能性もありそうだ。

聖光学院高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
富山サンダーバーズのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

転向直後に計測した135キロの直球が評価され、3年春の県大会で初ベンチ入り。同決勝に先発し4回3失点で公式戦デビューを果たした。同年夏の県大会も背番号18で3回戦に登板。1回を投げて自己最速の145キロをマークしたが、甲子園でのベンチは外れてしまった。聖地のマウンドに立てなかったが、聖光で過ごした時間を、誇りに思っている。


PAGE TOP