【更新】横浜DeNA、スカウト会議!ドラフト1位指名を4投手に絞る!

菅野智之, 東海大, 亜大, 東浜巨, 大谷翔平, 花巻東, 藤浪晋太郎, 大阪桐蔭

 横浜DeNAはスカウト会議を開き、ドラフト1位候補を、亜大・東浜巨投手、大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手、花巻東・大谷翔平投手、東海大・菅野智之投手の4投手に絞ったようだ。

 高田GMは「うちの事情を考えれば投手、4人は飛びぬけている。他球団の動向ではなく、我々の判断で一番良い投手を指名する。」と話し、「単独指名は考えにくい、くじになれば監督に頼むぜと言っておこう」と話した。

 高田GMは韓国で18U世界選手権を視察し、「藤浪も大谷も外国人投手に負けないくらいよかった。技術は即戦力だと思うけど、後は体力」と話し、藤浪晋太郎投手もさることながら大谷翔平投手にも即戦力投手としての評価をした。しかし、東北楽天の田中将大投手を引き合いに出し、「マー君みたいに開幕からいけるかどうか。我々が目指すのは4月から」と4月から1軍の先発ローテーションで活躍できるかどうかを判断材料にする。

 そうなると可能性が高いのは今シーズンの実績がある亜大・東浜巨投手、大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手になるだろう。大谷翔平投手は世界大会の韓国戦でボークで失点したり、試合によってコントロールを乱すなど少し時間がかかると見られる。

 東海大・菅野智之投手は広島・野村祐輔投手よりも高い評価をされていた投手だが、1年間のブランクをどう評価するのか、またなんといっても巨人を志望し1年間浪人している菅野投手が、抽選で交渉権を獲得したとして入団するのかにつきる。

 藤浪投手が国体があるとはいえ、あと戦いが残っているのは亜大・東浜巨投手だけで、最有力候補と見られる東浜巨投手の評価をして、ドラフト前に4人の中から一人を選ぶ。また、外れ1位候補もリストアップする必要があり、今のところ評価が高そうなのが道都大・佐藤峻一投手だ。他にも大体大・松葉貴大投手、九共大・川満寛哉投手などの左腕も候補となりそうだ。

  DeNAは11日、横浜市内の球団事務所でスカウト会議を行い、亜大・東浜巨投手(なお)投手(22)、東海大・菅野智之投手(22)、大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手(18)、花巻東・大谷翔平投手(18)からドラフト1位指名することを確認した。高田GMは「4人は飛び抜けている。我々の判断の中で一番いい投手を指名する。単独指名は考えにくい」と、競合覚悟で即戦力投手の獲得を目指す。

   高田GMは韓国・ソウルで行われた18U世界野球選手権を9日まで視察。藤浪、大谷の投球を自らチェックした。「藤浪も大谷も外国人投手に負けないくらいよかった。技術は即戦力だと思うけどあとは体力。マー君(楽天・田中)みたいに(高卒1年目の)開幕からいけるか。我々が目指すのは4月から」と説明した。

   「うちの事情を考えたら(補強ポイントは)投手になる。他球団の動向も見て? それはないと思う」と高田GMは力説。巨人の1位指名が内定している菅野、秋のリーグ戦を戦っている東浜を含め、慎重に絞り込む。

【DeNA】ドラ1は藤浪ら4投手に絞る - ニッカンスポーツ・コム:2012/09/11

  DeNAは11日、横浜市内の球団事務所でスカウト会議を開き、今秋のドラフト会議での指名候補選手を絞り込んだ。

   1位指名の実力を持つ選手として4投手をリストアップし、亜大の東浜、大阪桐蔭高の藤浪、花巻東高(岩手)の大谷に加え、昨年のドラフト会議で日本ハムの1位指名を受けて入団を拒否した東海大の菅野の名前も挙がった。高田GMは「うちの事情を考えたら投手。最終的な判断はドラフト直前になってから」と話した。


PAGE TOP