オリックスのドラフトの狙い(2018)

2018年度の12球団のドラフトの狙いを予想。今日はオリックス編。

ソフトバンク広島カープ埼玉西武阪神東北楽天横浜DeNA

オリックス

〇タイプ:上位即戦力、下位育成
〇監督:内野手出身、投手中心の守備型
〇決定者:長村裕之球団本部長
〇補強ポイント:主軸打者、二遊間、左腕投手
〇近況:大阪桐蔭の藤原恭大選手、根尾昂選手に密着マークをするほか、父がチームの打撃投手をしている天理高・太田椋選手を獲得へ。

オリックスは2011年からドラフト1位は大学生、社会人を指名している。2012年は藤浪投手、松永投手を外し、2010年は大石投手、伊志嶺選手、山田哲人選手を外すなど、ドラフトの抽選は11連敗をしており、2013年からは単独指名を狙い、2016年も田中正義投手を回避して山岡泰輔投手を指名していた。しかし、昨年のドラフトで田嶋大樹投手の抽選を西武との競合で遂に引き当てて連敗を止めた。

ドラフト上位では即戦力投手の指名が非常に多い。2012年以降でドラフト1,2位の指名は12人中10人が投手、そのうち社会人が6人、大学生が4人とすべて即戦力投手を指名している。かつては高校生も指名しており、2008年の甲斐投手、2010年の駿太選手など上位指名し、また、高橋周平選手、中田翔選手、田中将大選手なども指名しているが抽選で獲得ができなかった。

上位は即戦力投手の指名が多いが、中位から下位では、特にドラフト的に評価の高い高校生の指名が多く、昨年では本田仁海投手や西浦颯大選手、その前でも山崎颯一郎投手、吉田凌投手、佐藤世那投手といった有名な選手を指名している。

福良監督は、内野手出身という事や京セラドームの戦い方も考えて、投手と内野を中心とした守りのチーム作りをする。即戦力投手が毎年新戦力として加わってくることを好み、2015年も外野手の吉田選手の獲得にはそれほど納得をしていなかった。また内野の守備を重視し、二遊間は福田周平選手、岡崎大輔選手、大城滉二選手など毎年選手が指名される。

フロントはあまりうまく行っていない状況だった。以前からも石毛元監督もフロントへの風通しの悪さを話しているし、石毛監督、コリンズ監督、岡田監督、森脇監督がシーズン途中で解任されるという異常事態が続いていた。そして、2012年には千葉ロッテで現場と対立をしながらも球団を優勝させるなどの実績を見せた瀬戸山氏と加藤康幸氏をトップに持ってきたものの2015年に解任された。

しかし編成部長を務めていた長村裕之氏が球団本部長兼編成部長となり、現場とフロントの疎通はややでき始め、オーナー側の有力者でかなりの決定権限を持っていたとみられる西名球団社長も昨年末に退任した。3軍制の体制づくりも進みつつある。

チーム状況を見ると昨年は4位となったものの借金は16で、3位楽天とは15ゲーム差があった。防御率も得点も上位3球団とはかなりの差がある。投手はエースの金子投手が12勝、ルーキーの山岡投手が8勝11敗、ディクソン投手も8勝9敗と勝ち星も上げたが負け越した。この3人に続く西投手、松葉投手が期待に応えられず、特に松葉投手は3勝12敗と大きく負け越し左腕投手の補強が急務となっていた。昨年のドラフトで田嶋投手を獲得し、先発左腕は松葉投手から変わる事になる。

そして2016年にドラフト4位で指名した山本由伸投手がファームで急成長し、1軍でも登板するなど期待が高い。高校生でも1年目からこれだけできるという事が分かれば、今後の高校生投手指名もふえていくかもしれない。荒れ球だが150キロを投げるタイプよりは、コントロールも安定しているタイプを好む傾向がある。

リリーフでは近藤投手、黒木投手、小林投手など近年獲得した即戦力が役割を果たしている。リリーフの平野投手が抜けたもののFAで増井投手を獲得し、リリーフ陣は徐々に安定しつつある。

打線では試合ごとに変更される事が多く、ポジションが固定されている選手も少ない。外国人選手が主軸を打ち小谷野選手も、T-岡田選手などが前後を固める。期待の吉田選手が故障が多くまだフルシーズンを戦えていない。トップバッターも安達、宮崎、駿太、武田、マレーロ、T岡田など多くの選手が入れ替わり務めた。監督の方針かもしれないが、やはり打線を固定してそれぞれの選手の役割を認識させたい。

ファームを見ると本塁打のトップは8本の杉本選手と物足りない。園部選手も打率が挙がってこないし、大砲候補だった奥浪選手が退団するなど、T-岡田選手や中島選手、外国人選手を追い詰めるような若手がいない。主軸候補となるスラッガータイプの選手もそろそろほしい所だろう。

守備面ではショートの安達選手が持病もありフルシーズンの活躍が難しい中で、大城滉二選手、岡崎大輔選手、宗佑磨選手などを競争させた。またドラフトで福田周平選手も加わり、西野選手を含めた二遊間のポジション争いで、源田選手、京田選手のような1年間フルに出場できる選手が出てきてほしい。

捕手の若月選手、外野手の駿太選手は出場試合が多くなったが、まだレギュラーという成績ではない。捕手は昨年は3人を獲得、2016年、15年も指名をし続けており、競争は続く。外野手、そして1番バッターで定着している選手はおらず、駿太選手と競っていける選手の獲得はしたいところ。

ドラフト候補は

そろそろ投手や内野手の即戦力指名から、次の事も考えた指名に切り替えたいところ。昨年は宮内オーナーが監督の采配にしびれを切らしていた所もあり、今年、チームが結果を残さなければ福良監督も交代となる可能性は高い。そうなると、短期で結果を残さなければならない球団で、次の監督も即戦力を求める事になるかもしれない。

ある程度上位3球団と肩を並べるくらいの成績を残すことができれば、福良監督も長村氏にも少し余裕はできそう、次世代の選手にも目がいくかもしれない。チームは若い主軸候補、1番が外野手タイプが少ない。主軸候補ならば花咲徳栄の野村佑希選手、東海大相模の森下翔太選手、横浜の万波中正選手などを獲得したい。また、法政大の中山翔太選手や亜細亜大の正随優弥選手、九産大の岩城駿也選手などを狙っても面白い。外野手ならば大阪桐蔭の藤原恭大選手が筆頭候補になる。

地元の高校生を優先させる動きがあり、ショートに長年悩まされている事からも、報徳学園の小園海斗選手、天理・太田椋選手、大阪桐蔭の根尾昂選手選手が優先されるかもしれず、良ければ高校卒1年目からショートのポジションを任されるかもしれない。

投手では社会人路線が続くなら、速球派のHonda・齋藤友貴哉投手、安定感を見せ、黒木投手と立正大のWエースだったNTT東日本の堀誠投手、地元大阪のパナソニック・吉川峻平投手、そして左腕なら長身のHonda鈴鹿・平尾奎太投手、日本生命の高橋拓巳投手などが候補となりそう。左のリリーフとしてJX-ENEOSの鈴木健矢投手、左澤優投手も候補となりそうだ。

大学生でも地元出身の関西大・山本隆広投手や速球派の立命大の山上大輔投手、そしてもちろん、他球団も獲得を狙う日体大の松本航投手や法政大・菅野秀哉投手、東洋大・甲斐野央投手も狙うし、速球派リリーフが好きなチームなので、日体大の東妻勇輔投手なども狙っていそうだ。

高校生投手に目が行くなら、山本投手や本田投手のように評価が高くて話題になる投手を狙い、比較的安定感のある投球を見せるタイプとなりそう。埼玉栄の米倉貫太投手や大阪桐蔭の柿木蓮投手は上位でなければ獲得できなさそうだが、明桜の山口航輝投手や松商学園の直江大輔投手、松山聖陵の土居豪人投手、聖心ウルスラの戸郷翔征投手などを狙いそうだ。

オリックスバファローズのドラフト会議


PAGE TOP