オリックス、大阪桐蔭・藤原恭大選手をドラフト1位候補に

大阪桐蔭, オリックス, 藤原恭大

オリックスは大阪桐蔭の藤原恭大選手をドラフト1位候補としてマークすることが分かった。

関西の高校生を指名へ

報道によると、長村球団本部長が「今年は関西に楽しみな選手が多くいる。近年は獲得していない。地元から良い選手を獲りたい」と話し、藤原恭大選手について球団関係者は「彼はバファローズジュニアでプレーしていますから縁があると思っています」と話した。藤原選手は小学校6年生の時に12球団ジュニアトーナメントのバファローズジュニアでプレーし、日本ハム戦で2ランホームランを打ってベスト4入りに貢献していた。

これまでオリックスは大阪桐蔭の藤原恭大選手の他にも、根尾昂選手への密着マークや、父がチームの打撃投手をしている天理高・太田椋選手の獲得を目指すことを報じられているが、基本的にその時から、外野手の藤原選手に絞ったという事ではなさそうだ。

オリックスは、課題のショートについては昨年の福田周平選手を始め、ここ数年、戦力を獲得している。しかし、外野手と1番バッターもレギュラーが固まっておらず、チーム状況によって、藤原選手、小園選手、根尾選手、太田選手に優先度を決め、獲得できるならばこの4人のうち2人を、1位2位で獲得できれば素晴らしい。

根尾選手、藤原選手、小園選手は1位でなければ獲得できないとみられるので、外野手と内野手の両獲りならば、1位・藤原選手、2位・太田選手で狙ってみたい。バファローズジュニアの縁と、父がスタッフを務める縁が、オリックスに微笑むか。

オリックスのドラフトの狙い(2018)
2018年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

長村裕之球団本部長は以前から「今年は関西に楽しみな選手が多くいる」と地元選手への注目度を上げている。大阪桐蔭にはほかに根尾昂内野手がおり、報徳学園・小園海斗内野手と並ぶ逸材。また、天理・太田椋内野手は父がオリックス打撃投手とあってこちらも目が離せない存在だ。

藤原は昨春の甲子園決勝で2年生ながら初回先頭打者弾を含む2発を放つなど、高校通算21本塁打のパンチ力は十分。オリックスジュニアで「ジュニアトーナメント 2012」に出場した小学6年時には日本ハムジュニア戦で2ランを放ってベスト4に貢献しており、球団との縁も深い。


PAGE TOP