オリックスの2019年ドラフト指名選手:担当スカウトとその評価など

オリックスのドラフト会議指名選手の、担当スカウトによる評価、詳細です。

1位・宮城大弥 興南高 投手 172cm80kg 左左

担当スカウト:縞田拓弥

スカウトの評価:MAX149キロの本格派左腕。力強い球質、インステップから投げる球は威力抜群で、中学時代から世界大会を経験しており、ハートの強さも持っている将来性抜群の投手。

紹介:最速149キロの伸びのあるストレートと、曲がりの大きいスライダーで三振を奪う。中学時代にU15代表を経験し、1年夏の甲子園で登板をすると2年夏も甲子園に出場した。また、U18代表にも選出され、リリーフで長いイニングを投げるなど佐々木・奥川が投げられない投手陣を支えた。また打席にも立ち、試合を動かすヒットを言っている。

2位・紅林弘太郎 駿河総合高 内野手 186cm82kg 右右

担当スカウト:牧田勝吾

スカウトの評価:グラブ捌きが柔らかく、肩の強さが魅力で、バッティングにおいても広角に長打を打つことができる。将来の中心選手として、大きな期待がかかる大型内野手。

紹介:高校通算40本塁打を放つスラッガーで、守備はショートを守る。大きな体だが俊敏に動くプレーを見せ、3年の4月にはU18代表合宿に参加、奥川投手から強烈なヒットを打っている。3年夏は静岡大会決勝までチームを導いた。

3位・村西良太 近畿大 投手 174cm76kg 右左

担当スカウト:内匠政博

スカウトの評価:サイドハンドからMAX148キロの力のあるストレートは魅力十分。多彩な変化球を操り、特にカットボールのキレ味は抜群。将来性も豊かで、更なるレベルアップにも期待できる投手。

紹介:サイドから最速152キロの速球を投げ、変化球も左右に鋭く動く球を投げる。大学3年秋に主にリリーフでフル回転してリーグ制覇を見せ明治神宮大会に出場。その明治神宮大会ではやや疲れをみせ失点もしたが、奪三振も多かった。普段はおとなしいキャラだが、マウンド上では気迫のピッチングを見せる。

4位・前佑囲斗 津田学園 投手 182cm88kg 右右

担当スカウト:谷口悦司

スカウトの評価:150キロを超えるストレートが最大の武器。野球に対してストイックに取り組む姿勢も素晴らしく、伸びしろも大きい。近い将来、先発ローテーション入りも期待できる投手。

紹介:3年春のセンバツで140キロ中盤の重い球と動く球を使って好投し評価されると、3年夏の三重大会では152キロを記録した。夏の甲子園1回戦では11奪三振1失点完投で勝利、U18ではここぞの場面では使われなかったが、質の高いピッチングを見せた。

5位・勝俣翔貴 国際武道大 内野手 178cm84kg 右左

担当スカウト:牧田勝吾

スカウトの評価:U18では4番、U22では3番を担う。積極性とパンチ力のある打撃が魅力の大型内野手。将来の主軸候補として大きな期待がかかる選手。

紹介:高校時に147キロを投げる投手と共にU18代表の4番を打つスラッガーとして高く評価、国際武道大でも早くから4番を打ち、3年時には大学代表でも主軸を打った。4年時は右手の骨折により自分のスイングができずに苦労をしたが、ドラフト上位候補の呼び声が高かった。

育成1位・佐藤一磨 八戸学院光星 遊撃手 189cm88kg 左左

担当スカウト:中川隆治

スカウトの評価:長身から角度のあるMAX146キロのスピンの効いたストレートが魅力の投手。落差のあるスライダー、チェンジアップは武器になる球種。将来、大きく伸びる可能性を秘める大型左腕。

紹介:上背があり下半身もしっかりして、下からの意識を常に持って投げる。テンポよく144キロ前後の球をなげ、スライダーやチェンジアップは縦に大きく曲がる。

育成2位・谷岡颯太 竹田高 投手 176cm82kg 右右

担当スカウト:山口和男

スカウトの評価:ボールが強く、身体能力が高い。向上心、好奇心も旺盛で視野の広さも素晴らしい、将来性豊かな投手。

紹介:高校での全体練習時間は1日50分くらいと短かい高校だが、独自のトレーニングで最速は152キロを記録した。早い球を投げるも勝てる投球まではまだ遠い。

育成3位・中田惟斗 大阪桐蔭 投手 181cm90kg 右右

担当スカウト:谷口悦司

スカウトの評価:角度のあるストレートと、独特な軌道を描くスライダーが持ち味。ホームベースを縦、横、奥行きと大きく使える球種、球質があり身体にも馬力がある。緊張した場面でも力が発揮できるタイプで、打者に向かっていく強気な投球スタイルが魅力的な投手。

紹介:馬力があり、大阪桐蔭らしいオーソドックスでしっかりとした投球を見せる。2年時までは、柿木・根尾・横川の3年の3本柱がいて登板機会はほとんどなかったが、3年夏には大阪大会で素晴らしいピッチングを見せた。最速は146キロ

育成4位・平野大和 日章学園 外野手 177cm78kg 右右

担当スカウト:縞田拓弥

スカウトの評価:特に足が魅力で、加速するまでが速く50メートル5秒8を誇る。身体能力が非常に高く、走攻守3拍子揃っている将来性豊かな外野手。

紹介:50m5.8秒の抜群の俊足で、外野での球の追い方などもセンスの高さを感じさせる。

育成5位・鶴見凌也 常磐大 捕手 174cm75kg 右右

担当スカウト:牧田勝吾

スカウトの評価:夏の大会では投手として143キロのストレートを投げるなど、肩とコントロールの良さが魅力の捕手。視野の広さも優れており、将来の正捕手として期待がかかる選手。

紹介:投手として143キロを記録する強肩で、捕手としてセカンドまで1.7秒台を記録する。

育成6位・大下誠一郎 白鴎大 外野手 171cm89kg 右右

担当スカウト:牧田勝吾

スカウトの評価:フルスイングが持ち味の右の強打者。常に全力プレーでチームを牽引するなど、リーダーシップもあり将来的にはチームの中心選手として活躍が期待される選手。

紹介:白鴎大足利時代に1年生ながら4番を打ってチームを甲子園に導く。上背はないがフルスイングでバットを大きく長く使い、鋭い打球を飛ばす。大学では2年生の時に主将に指名されるなど、リーダーシップを発揮する。

育成7位・佐藤優悟 仙台大 外野手 182cm90kg 右右

担当スカウト:上村和裕

スカウトの評価:身体能力が高く、3拍子揃った好素材。逆方向にも長打が打てるパンチ力が持ち味の選手。

紹介:体重が乗ったしっかりした打撃を見せるが、足も速く3拍子揃う。

育成8位・松山真之 富山GRNサンダーバーズ 投手 174cm76kg 右右

担当スカウト:内匠政博

スカウトの評価:スピンの効いたMAX146キロの伸びのあるストレートが最大の武器。スライダーと鋭く落ちるフォークも魅力十分の将来性豊かな投手。

紹介:146キロのストレートはキレのある球で沈む球も鋭い。まだコントロールに課題は残る。


PAGE TOP