巨人の2019年ドラフト指名選手:担当スカウトとその評価など

巨人のドラフト会議指名選手の、担当スカウトによる評価、詳細です。

1位・堀田賢慎 青森山田高 投手 185cm80kg 右右

担当スカウト:柏田貴史

スカウトの評価:185センチの長身から投げ下ろす、本格派右腕。肩・肘の柔軟性を活かしたしなやかなフォームから投げ込む最速150キロ超の直球は魅力。一冬で球速が10キロ近く伸びたように、大化けの可能性を持ち合わせている。

紹介:2年時は141キロも3年時に151キロを記録し急成長。185cmの長身から投げ下ろすストレートは迫力がある。多彩な変化球で三振を奪う事もできる。

2位・太田龍 JR東日本 投手 190cm94kg 右右

担当スカウト:織田淳哉

スカウトの評価:190センチから角度のある最速150キロ超のストレートが魅力の先発型投手。長身ながら、けん制、フィールディングなどの動きもそつなくこなせる器用さを備える。

紹介:高校時は山本由伸(オリックス)と共に九州四天王として注目。JR東日本では最速153キロまで球速を伸ばし、昨夏はの都市対抗では鋭いフォークボールでリリーフで好投して若獅子賞を獲得した。3年目は先発に挑戦もやや不調だったが、日本ハム2軍との交流戦では3回ノーヒット3奪三振のピッチングを見せた。

3位・菊田拡和 常総学院高 外野手 182cm93kg 右右

担当スカウト:内田強

スカウトの評価:大柄の割には守備範囲が広く、打球に対する反応も良い。バッティングでは軸がぶれずにしっかりとスイング出来て、ハンドリングも柔らかい。高校生離れした長打力だが、コースに逆らわず広角に打てる。

紹介:高校通算58本塁打のパワフルな打撃を見せるスラッガー。インコースのツボに入ると果てしなく飛ばす他、3年になり外角もスタンドに運べるようになっている。

4位・井上温大 前橋商業高 投手 175cm72kg 左左

担当スカウト:内田強

スカウトの評価:バランスの取れたきれいなフォームから、球筋の良いボールを投げる。ストレート、カーブ、スライダー、チェンジアップの全球種でレベルが高い。制球も安定していて、四球で崩れる事はなく、けん制、フィールディングなど総合力で抜けた選手。まだまだ体も成長段階で、プロ入り後の大化けが期待される。

紹介:しなやかな腕の振りは直すところがないと評価される綺麗なフォームの左腕。最速146キロの球は非常にキレがあり、真っすぐで空振りを奪って2種類のスライダーを使い三振を奪う。フィールディングなどでも高いセンスを見せる投手。

5位・山瀬慎之助 星稜高 捕手 177cm82kg 右右

担当スカウト:織田淳哉

スカウトの評価:肩が最大の魅力。捕球してからの握り替えが早く、スローイングも安定している。高校生としてはキャッチング、悪球処理にも長けており、将来のレギュラー候補として期待できる。

紹介:セカンドまでの送球が1.8秒を記録。ステップをとらなくても奥川投手の投球と同じくらいのスピードでセカンドまで送球をする。国体ではイニング間送球で座りながらの送球も見せた。奥川投手とのバッテリーで中学で全国制覇、高校でも3年夏に準優勝。U18代表にも入った。

6位・伊藤海斗 酒田南高 外野手 187cm88kg 左左

担当スカウト:柏田貴史

スカウトの評価:恵まれた体格から繰り出す飛距離が魅力の外野手。芯に当たった時の打球速度と飛距離は高校生離れしている。飛距離という一芸に秀でた選手。

紹介:大型左腕で最速140キロの球を投げるが、高校通算38本塁打の長打力が魅力の左の大砲。勝負所で見せるホームランに、チャンスを作る場面では広角にヒットを飛ばす。

育成1位・平間隼人 徳島インディゴソックス 内野手 173cm75kg 右左

担当スカウト:野間口貴彦

スカウトの評価:身体能力が高い内野手。スピードがあり積極的なプレーをする。人一倍声を出し元気がある。打撃はスイングがシャープで、ボールへのコンタクトがうまい。野球センスがあり今後が楽しみな選手。

紹介:身体能力が抜群でチームを活気づけることができる選手。

育成2位・加藤壮太 武蔵ヒートベアーズ 外野手 187cm89kg 右左

担当スカウト:野間口貴彦

スカウトの評価:身体能力が高い外野手。足が速く、守備範囲が広い。打撃は昨年よりも体に力がつき、飛距離が出るようになった。まだ年齢も若く、今後の成長に期待ができる。

紹介:大型だが俊足で高い身体能力を見せる、BCリーグ屈指の外野手。肩の強さも一級品。


PAGE TOP