中日、育成ドラフト1位の名古屋大・松田亘哲投手に指名あいさつ「今永を目指していい」

名古屋大, 松田亘哲

中日は、育成ドラフト1位で指名した名古屋大の松田亘哲投手に、松永編成部長、米村チーフスカウト、清水スカウト、近藤スカウトが指名あいさつをした。

大化けの可能性

大学の2部3部入れ替え戦のため、この日の指名あいさつとなったが、松永編成部長、米村チーフスカウトなど4人での指名あいさつとなり、期待の高さをうかがわせた。

松田亘哲投手は話題となっているように、高校まではバレー部で、高校3年夏の時に甲子園を見て、中学までやっていた野球にハマり、大学では独自のトレーニングで148キロを投げる左腕投手としてプロが注目する存在となった。

「みんな厳しい練習をやってきている中、あまり練習を多くできていない」と松田選手は話す。名古屋大では3部でプレーし、レベルが高いとは言えない中でのプレー、また勉学もあり、野球一本に打ち込むという事はできておらず不安は口にする。しかし、松永編成部長は「使い減りしていない。これまでは練習をしっかりできていなかった。大化けの可能性がある。真っ白な状態だから、それだけでも伸びる可能性がある」と話し、そのような環境の中で148キロ左腕となったことを評価した。

松永編成部長は「肘の使い方がうまく柔らかい。今永を目指していいと思う」と話し、プロ野球を代表する左腕を目指していける選手と評価した。

松田選手は「経験が浅い。焦らず、気負い過ぎずやりたい」と話した。まずはプロの練習についていくために、体力をつけて新人合同自主トレに望みたい。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧
2019年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

育成では異例テレビカメラ7台 松田・期待度ピカイチ 中日スポーツ紙面 2019/11/8

 


PAGE TOP