阪神ドラフト3位・及川雅貴投手が契約金5000万円、年俸600万円で仮契約

及川雅貴

阪神はドラフト3位で指名した及川雅貴投手と、契約金5000万円、年俸600万円で仮契約を交わした。左腕最速の160キロを目指す。

中学NO.1左腕

及川雅貴投手は小学校6年時に12球団トーナメントで戦う千葉ロッテジュニアのメンバーに選ばれ、千葉・匝瑳シニア時代には140キロの速球を投げ、侍ジャパンU15代表入り、福島県で行われたU15W杯では最優秀防御率のタイトルを獲得し、NO.1左腕として注目された。テレビ番組でもスーパー中学生として中日の平田選手と対決し三振を奪っている。

多くの高校から注目された及川投手だったが、横浜高校に進学すると、1年夏の甲子園で登板し、堂々として投球を見せた。2年夏も甲子園に出場すると2回戦では花咲徳栄と対戦し、7回途中7安打8奪三振4失点で勝利、3回戦は金足農にチームが敗れた。

佐々木朗希奥川恭伸西純矢と共に高校四天王として注目された。高校2年時には佐々木投手が最速を更新すると、それと同じペースで及川投手も球速を伸ばし153キロを記録した。しかし、2年秋の関東大会から急にフォームを崩し、今年のセンバツでも明豊に3回途中5安打5失点で敗退。その後、練習試合などではリリーフで短いイニングを投げながら調整をし、140キロ中盤まで球速を戻ったものの、夏の神奈川大会ではリリーフで登板したが相手の攻撃を止める事ができず、最後の夏に甲子園に出場することはできなかった。

仮契約を交わしたこの日、及川投手は「質を求めるトレーニングをしていけば、自然とスピードも挙がっていく」と話し、高校で153キロを記録した左腕は、まずは左腕最速のソフトバンク・古谷投手が記録した160キロの更新を目指すという。しかし個人的にはフォームがキレイでキレの良い球を正確に投げる所が持ち味で、球速よりも丁寧な投球を続けられるような、安定したフォームと精神力を伸ばしてほしいと思う。

横浜高校では体力は十分アップした。ここからプロで活躍する選手になれるかどうかは、全て自分にかかってくる。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧
2019年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

成績を残すため、まず掲げるのは直球の質の向上。その上でもくろむのは、ソフトバンク・古谷が2軍戦で記録した日本選手左腕最速の160キロだ。

 「質を求めるトレーニングをしていけば自然とスピードも上がっていく」。八日市場二中時代の匝瑳シニアで「139から140キロ」だったという球速は、現在MAX153キロ。わずか3年足らずで13、4キロのスピードを上乗せした18歳の可能性は計り知れない。


PAGE TOP