東北楽天、ドラフト3位指名の津留崎大成投手に指名あいさつ、153キロ右腕は則本目指す

慶応大, 津留崎大成

東北楽天は、ドラフト3位で指名した慶応大・津留崎大成投手に指名あいさつをした。筋肉を鍛えて生み出した153キロの速球で、則本投手を目指す。

則本に似ている

津留崎大成投手は高校3年時にトミー・ジョン手術受け、大学の前半はリハビリと筋肉トレーニングに費やした。しかしその成果で球速は153キロを記録し、今秋のリーグ戦は5試合8回1/3を投げて無失点、防御率0.00となっている。強いストレートとカットボール、フォークが冴え、10個の三振を奪っている。

投球イニングは少ないものの、東北楽天はこのリリーバーを3位で指名した。鷹野史寿スカウトは「則本に似ている」と評価し、気迫を見せながら150キロ台を続ける津留崎投手を高く評価した。津留崎投手も「則本さんは気迫がテレビの画面から伝わってくる。話を聞かせてもらうのが楽しみ。基礎の部分から教えていただきたい」と話す。

楽天は津留崎投手を先発としても投げられると見ており、先発で毎回10ケタ三振を奪うような投手になっていく可能性もある。5年連続で奪三振王となった則本投手と競える投手となるか注目したい。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧

カットボールとフォークが決め球で三振にも強いこだわりがある。担当の鷹野史寿スカウトも「則本に似ている」と話し、14年から5年連続で奪三振王に輝いた則本昂は最高のお手本だ。慶大では中継ぎを務めているが球団は先発の適性もあるとみている。


PAGE TOP