JX-ENEOS・屋宜照悟投手が6回2失点で勝利、日本生命・藤井貴之投手が3回5奪三振パーフェクト

JX-ENEOS, 日本生命, 藤井貴之, 屋宜照悟

 社会人野球日本選手権大会はJX-ENEOSvsニチダイの対戦が行われ、JX-ENEOSは北海道日本ハムがドラフト会議で6位指名した屋宜照悟投手が先発すると、6回を5安打7奪三振で2失点に抑える好投で勝利を挙げた。

 屋宜投手は全国大会は初登板、大久保監督より「日本ハムに行く前に、一つ証を残していけ」と言われ、立派に結果を残した。140km台の重い速球が武器、北海道日本ハムは下位指名した社会人選手で活躍している選手も多い。1年目から勝負して欲しい。

 また日本生命vs新日鉄住金かずさマジックの対戦では、日本生命が7回に同点に追いつくと7回裏から登板した藤井貴之投手が3イニングを5奪三振でパーフェクトに抑える好投を見せ、チームの逆転勝利に貢献した。

 藤井貴之投手は同志社大時代から150kmを記録しプロ注目、今年は2年目でドラフト対象だったが目立った活躍ができずにチームに残留した。捕手で来年のドラフト1位候補・小林誠司選手とは同志社大からのバッテリーで、バッテリーでのプロ入りを狙いたい。小林選手はこの試合は4打数1安打だった。

 

 日本ハムからドラフト6位で指名されたJX―ENEOSの屋宜が6回を2失点、7三振を奪って勝利投手になった。全国大会初登板。しかも指名後初の実戦とあって「プレッシャーがありました」とホッとした様子だった。大久保秀昭監督からは試合前に「日本ハムに行く前に、一つ証を残していけ」とゲキを飛ばされ、その期待に応えた格好だ。屋宜は「あと3戦、気を引き締めていきたい」と、準々決勝以降の登板にも意欲を見せた。


PAGE TOP