広島、ドラフト2位の鈴木誠也選手に背番号51、中日2位・濱田達郎投手も仮契約

中日ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース オリックスドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 広島はドラフト会議で2位指名した二松学舎大付の鈴木誠也選手と仮契約を結んだ。契約金6000万円、年俸600万円。投手としても147kmの速球を投げるが、広島は背番号51を用意し、苑田スカウト部長も「懐が柔らかいし、フォロースルーも大きい」と大型野手として期待している。

 鈴木選手も 「目標は野村監督も達成された3割、30本、30盗塁。そういう選手になりたいです」と話し、広島らしい選手が誕生した。

 また中日はドラフト会議で2位指名した濱田達郎投手と仮契約、契約金6000万円、年俸600万円で仮契約した。濱田投手は昨秋の明治神宮大会で140km中盤を連発するピッチングを見せて、センバツ時は大谷翔平、藤浪晋太郎とともに高校BIG3と呼ばれドラフト1位候補として期待された。

 その後はフォームを崩し伸び悩みドラフトでも2位指名となったが、実力は高い。まずは自分のフォームを取り戻して固めたい。

 また、オリックスはドラフト4位指名した自由ヶ丘・武田健吾選手と、契約金4000万円、年俸500万円で仮契約を結んだ。強肩俊足の素質の高い外野手、新庄2世と呼ばれる身体能力に期待したい。

 東北楽天はドラフト6位指名した神村学園・柿澤貴裕外野手と契約金2500万円、年俸600万円で仮契約を結んだ。春夏と甲子園のマウンドに登板し140km後半を記録した投手だったが、東北楽天では外野手として育てる方針。

 

 「51番と言えば(ヤンキースをFAとなった)イチロー選手が頭に浮かぶ。小さいころからの憧れでした。嬉しいし、ビックリです」姓だけでなく、投手からプロ入り後の野手転向も共通項。高校通算43本塁打のパンチ力に加え、50メートル5秒8の俊足。苑田スカウト部長も「懐が柔らかいし、フォロースルーも大きい」と大型野手への期待を口にする。プロでは遊撃手になるべく猛練習中だ。
「目標は野村監督も達成された3割、30本、30盗塁。そういう選手になりたいです」。夢の舞台で鈴木、いや、イチローよろしく“セイヤ”の挑戦が始まる。

楽天ドラ6柿沢 テーマ曲は「男はつらいよ」? - スポーツニッポン:2012/11/11

 楽天のドラフト6位指名の柿沢(神村学園)が、契約金2500万円、年俸600万円で正式契約した。 投手を諦め、プロでは外野手一本で勝負する左の中距離打者は「巨人の長野さんみたいな、広角に打てて足も速い選手が目標」と抱負を語った。中学1年から鹿児島で6年間を過ごしたが、出身は東京都葛飾区。柴又帝釈天は実家からほど近く、少年時代の遊び場にもなっていたといい、打席に入る際に、映画「男はつらいよ」のテーマ曲を使用するプランも明かした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント