北海道日本ハムがスカウト会議、候補選手のリストアップはせず

北海道日本ハムドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 北海道日本ハムは千葉県のファイターズタウン鎌ヶ谷で今年初となるスカウト会議を開いた。候補選手のリストアップなどは行わなかった。

 昨年、大谷翔平選手を果敢に指名し獲得に成功した北海道日本ハム、一昨年も菅野智之投手を指名するなど、「その年の一番良い選手を指名する」と言う方針で、ここ数年のドラフト会議では最も攻めている球団に見える。その結果も伴って、昨年はパリーグで優勝している。

 そんな北海道日本ハムは、最初のスカウト会議では新任スカウトの顔合わせを行い、またスカウティングの方針などを確認するにとどめた。選手のリストアップは次回2月に開催する会議で行うとの事。候補選手の初練習にも顔を出さないなど、スカウト活動のこれまでの慣例を取りやめ徹底した効率化をしているように見える。だからこそ菅野智之投手を獲得できなかったのかもしれないが、改革の初期はそういう問題は起きる。

 報道では九共大・大瀬良大地投手をリストアップしたとあるが、今年のドラフトで一番良い選手となりそうなのは今の所、桐光学園・松井裕樹投手、大阪桐蔭・森友哉捕手、九共大・大瀬良大地投手、JR東日本・吉田一将投手となりそうで、この4人から指名があるのではないかと思う。

 

Fスカウト会議 - スポーツ報知:2013/1/11

 

球界情報 スカウト会議 - ニッカンスポーツ紙面:2013/1/11

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント