北海道日本ハム、ドラフト1位・渡辺諒選手、ドラフト6位・白村明弘投手と仮契約

東海大甲府, 慶大, 渡邉諒, 白村明弘

 北海道日本ハムはドラフト1位で指名した東海大甲府・渡辺諒選手と、契約金7500万円、年俸680万円(推定)で仮契約を結んだ。またドラフト6位で指名した慶応大・白村明弘投手と、契約金3000万円、年俸750万円(推定)で仮契約した。

太りやすい体質

 東海大甲府の渡辺諒選手は「大好きな野球の職に就けてうれしい」と夢に見た「プロ野球選手」となった事を実感した。そして東北楽天にドラフト1位指名された松井裕樹投手について「高校野球で対戦する機会が無かった。早く1軍に上がって対戦できれば。」と話した。18U日本代表でチームメイトになったものの、戦った事が無い左腕との対戦を熱望した。

 渡辺選手は太りやすい体質を悩んでおり「筋肉をつけながら絞りたい」と話した。高橋由伸選手や松坂大輔投手も太りやすい体質で、それをキャンプなどの練習で筋肉に変えてシーズンではパワーにしている。太りにくい体質の選手よりもよいと思う。中学時代に100m11.4秒を記録し、高校でもパワーに加えて俊足もみせ、遊撃手では柔らかい守備を見せた。太さを筋肉に変え、さらにしなやかな動きもできる。どんな選手になるのか楽しみだ。

精神面が甘い

 またドラフト6位の白村明弘投手は、練習で手を抜いたりと高い素質を持ちながら精神面の課題を指摘されていたが、この日は自分の課題について「精神面が弱い」と話し、「1年目は修業しようと思う」とスマートフォンをガラケーに変えて「携帯をいじっている時間があれば、トレーニングをする」と話した。

 白村選手は慶應高校でも140km/h中盤を記録し、大学では153km/hを記録した。しかし高校でも大学でも勝てる投手にはなれなかった。高い素質を誰もが認めるが、練習で力を抜いたり、試合で態度に表したりと、まさに精神面といえる。

 しかし注目度が高い事も事実で、何かやってくれるのではと期待をさせてくれる選手でもある。新庄選手のように話題をさらうような活躍をして欲しいが、それができるためには一流と呼ばれる必要があり、そのためには練習を重ねて実力を高め、周りからも信頼される選手にならないといけない。

 日本ハムにドラフト1位指名された東海大甲府の渡辺が甲府市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金7500万円、年俸680万円で仮契約を結んだ。

 「大好きな野球の職に就けてうれしい」と笑みを浮かべ、色紙に「開幕1軍」と目標を記した。走攻守の三拍子がそろった遊撃手として期待されるが、太りやすい体質が悩みで「筋肉を付けながら絞りたい」。また、楽天のドラフト1位・松井について「高校野球で対戦する機会がなかった。早く1軍に上がって対戦できれば」と熱望した。

 日本ハムからドラフト6位指名された慶大の白村は禁欲生活でプロに飛び込む。

 横浜市内の同大野球部合宿所で入団交渉に臨み、契約金3000万円、年俸750万円で仮契約。最速153キロ右腕は「精神面が甘い」と課題を挙げ、「1年目は修業しようと思う」と野球に集中するため恋愛や飲酒を封印。携帯電話もスマートフォンから従来型の「ガラケー」に機種変更する予定で「携帯をいじっている時間があればトレーニングをする」と話した。


PAGE TOP