日本ハム、苫小牧駒大・伊藤大海投手をドラフト1位候補リストアップ

東海大相模, 明石商, 伊藤大海, 近畿大, 苫小牧駒大, 佐藤輝明, 西川僚祐, 来田涼斗

北海道日本ハムは、苫小牧駒大の154キロ右腕・伊藤大海投手をドラフト1位候補と評価していることが分かった。

十分に1位の選手

北海道日本ハムの吉村GMは、苫小牧駒大の伊藤大海投手について、「素晴らしいでしょう。それしかいいようがない」と話し、「能力から言えば十分に1位の選手」とドラフト1位ランクとして評価していることを明らかにした。

伊藤投手は駒大苫小牧出身で鹿部町出身、最速154キロの速球を投げ、侍ジャパン大学代表には2年、3年と2年連続で選出され、代表では主にリリーフで登板し、火の玉のようなストレートを投げる。また2年時の大学野球選手権では日本文理大を9回5安打10奪三振で完投するなど先発としても150キロを9回まで投げ続ける力がある。北海道日本ハムがドラフト1位で北海道の選手を指名すれば初めてとなる。

野手の候補も

また吉村GMは、「野手もあると思う。大卒三塁手とか高卒外野手とか。候補が割れると思う。まだ決まっていないけど、難しい選択になる」と話し、大卒三塁手は近大の佐藤輝明選手、高卒外野手は東海大相模の西川僚祐選手や明石商・来田涼斗選手を意識し、今年のドラフト1位候補について、「球団の特徴が出るだろう。おそらくかぶらない感じ。抽選はないかもしれない」と特定の選手に指名が集まるのではなく、各球団の補強ポイントで指名選手が分散すると分析した。

北海道日本ハムも、西川選手が今オフFA権を取得し、メジャー挑戦の希望を明らかにしている。また昨年のシーズンは先発投手に苦しんだが、ドラフトでは河野竜生投手、立野和明投手を上位で獲得しており、状況次第では内野手、外野手の指名になる可能性もあり、昨年は早い段階で佐々木朗希投手の1位指名を公表したが、今年はドラフト直前に、補強ポイントによって1位指名が決まってくる形になりそうだ。

北海道日本ハムファイターズ、過去のドラフト指名
2020年度-大学生投手のドラフト候補リスト

日本ハムが今秋ドラフトに向け、苫小牧駒大・伊藤大海投手(3年)を1位候補にリストアップした。吉村浩GMは「能力からいえば十分に1位の選手」と評価。

同幹部は「現状の能力からすれば、十分に1位指名が考えられる」と説明しており、北海道出身者の1位指名での入団となれば球団では初めて。今秋ドラフトについては「(各球団)候補が割れると思う。非常に難しい選択」と分析しており、慎重に指名方針を見極めていくが

伊藤の他にも1位入札候補として、吉村GMは「野手もあると思う。大卒三塁手とか高卒外野手とか。まだ決まっていないけど、難しい選択になる」とも話した。大卒三塁手は「糸井2世」こと近大・佐藤輝明内野手(3年=仁川学院)とみられる。高卒外野手は東海大相模・西川僚祐外野手(2年)ら逸材が多くそろっている。

昨年は6月に大船渡高・佐々木朗の1位指名を明言するなど、独自のドラフト戦略を貫く吉村ゼネラルマネジャーは伊藤について、「素晴らしいでしょう。それしかいいようがない」と絶賛。今年のドラフトは「(各)球団の特徴が出るだろう。おそらくかぶらない感じ。抽選はないかもしれない」と見据えた。


PAGE TOP