北海道日本ハム、大阪桐蔭・松浦慶斗投手など地元出身選手を複数人リストアップ

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

北海道日本ハムは、大阪桐蔭の松浦慶斗投手や北海高の木村大成投手など、地元・北海道出身の選手を複数人リストアップしていることがわかった。

スポンサーリンク

松浦投手はドラフト上位候補

北海道日本ハムは2023年までに、新球場のエスコンフィールド北海道に拠点を移す。それに伴い、球団幹部は「23年に道内選手を半分にできないかな」と、地元・北海道の選手を中心にしたチームづくりを目指している。

その方針もあってか、今年のドラフト会議では、北海道出身の苫小牧駒大・伊藤大海投手をドラフト1位で単独指名し、苫小牧中央の根本悠楓投手をドラフト5位で、北海道出身の今川優馬選手(JFE東日本)をドラフト6位で指名した。その年の最も良い選手を1位指名する北海道日本ハムだが、北海道の選手がその年のNO.1に評価される選手になって欲しいという願いでもある。

そして、来年もドラフト1位指名候補になる可能性のいる北海道出身の選手がいる。大阪桐蔭の松浦慶斗投手は、出身は宮城県だが小学校2年の時に旭川市に引越し、旭川大雪ボーイズで活躍を見せて日本代表も経験した。多くの高校が注目をする中で、「プロへの近道」として大阪桐蔭に進学し、昨秋は背番号1をつけた。186cm80kgという立派な体格からすでに最速150キロを記録する左腕投手で、ポテンシャルも含めて現時点でドラフト上位候補として注目されている。

北海道日本ハムの吉村GMは北海道の選手獲得について、「それはずっとそうでしょう。旭川を元気づけるためにもいいかもしれませんね」と話し、松浦投手を1位指名して地元の旭川が盛り上がることを期待する。そして、「松浦君に限ってだけではない」と話し、145キロの速球を投げる左腕の北海高校の木村大成投手、旭川実で147キロの速球を投げる本格派・田中楓基投手など、地元の逸材を注目していくことを示唆した。

他にも、北海高の宮下朝陽選手は高校生でもトップクラスの打撃があり、大学生でも東農大北海道・古間木大登捕手、そして北海高校出身で仙台大の川村友斗選手も、大学屈指の選手として注目される。もちろんチームバランスや選手の評価次第ではあるが、1位で松浦投手、2位で田中投手、3位で川村選手、4位で古間木捕手、5位で木村投手と北海道の選手で指名が続くことも期待できる。

今後、1月中旬までに今年1回目のスカウト会議を開き、チームの方針などが伝えられる。そこで、北海道の選手に関しての方針も伝えられるかもしれない。

2021年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト指名予想
 2021年ドラフト指名予想です。

日本ハムは昨秋ドラフトで球団史上初となる道産子のドラフト1位・伊藤(苫小牧駒大)をはじめ3人の道産子を指名した。23年には北海道北広島市に新球場「エスコンフィールド北海道」が開場予定。実力重視の指名方針は不変だが、球団幹部は「23年に道内選手を半分にできないかな」と理想を描く。今後も北海道に縁のある選手を追いかけていく。

球団は23年に北海道北広島市に新球場の開業を予定しており、道産子選手の獲得に積極的だ。20年度ドラフトでは1位・伊藤大海投手(苫小牧駒大)ら道内出身選手を3人指名。吉村GMは「松浦君に限ってだけではない」と複数の道内出身選手の指名を示唆。旭川実・田中楓基投手、北海・木村大成投手らが候補に挙がる。

昨秋のドラフトでは、北海道鹿部町出身の伊藤大海投手(苫小牧駒大)を単独1位指名。吉村GMは地域性を重視した道産子の逸材獲得に「それはずっとそうでしょう。(松浦が)旭川を元気づければ」と言及した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント