2021年ドラフト会議に向けて、1年間の予定とドラフト候補選手の展望

高校野球ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

2021年、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。今秋のドラフト会議に向けたアマチュア大会の予定などをまとめ、主に注目されそうな選手を紹介します。

スポンサーリンク

2021年主なアマチュア野球大会

高校大学社会人
1月29日 センバツ出場校発表
3月12日 センバツ組み合わせ抽選
3月19日~ センバツ
4月 U18アジア杯(台湾・未定)
 3月8日~ スポニチ大会
8月9日~ 全国高校野球選手権
9月11日〜 U18W杯(アメリカ)
6月7日~ 大学野球選手権5月29日~ 全日本クラブ選手権
6月29日~ 日本選手権
11月11日? ドラフト会議
11月20日〜 明治神宮大会11月28日 都市対抗

高校生のドラフト注目選手

まずはセンバツ大会で出場する選手が注目されるが、特にドラフト候補として注目される投手たちがセンバツに出場する可能性が高い。市和歌山の小園健太投手は152キロの速球を投げ、ドラフト1位指名確実とも言われる右腕投手、中京大中京の畔柳亨丞投手もすでに150キロを記録しており、大阪桐蔭の154キロ右腕・関戸康介選手と150キロ左腕・松浦慶斗選手も出場濃厚、天理の達孝太投手も出場する可能性があり、出場が厳しい高知高・森木大智投手より一歩上にいくような投球が期待される。

他にも投手では、北海の木村大成投手、仙台育英の伊藤樹投手、常総学院の145キロの秋本璃空投手と144キロの大川慈英投手、東海大菅生の143キロ左腕・本田峻也投手、県岐阜商の松野匠馬投手、野崎慎裕投手、智弁学園の小畠一心投手、神戸国際大付・阪上翔也投手、福岡大大濠の毛利海大投手などが注目される。

野手でも健大高崎の高校通算33本塁打・小澤周平選手、東海大相模でショートの守備がずば抜けている・大塚瑠晏選手、高校NO.1捕手の県岐阜商・高木翔斗捕手、強打おの市和歌山・松川虎生捕手、左の大砲・智弁学園の前川右京選手と右のスラッガー・大阪桐蔭の池田陵真選手、天理の瀨千皓選手、智弁和歌山・徳丸天晴選手なども出場する可能性がある。

昨年のように中止されることがなければ、多くのドラフト候補選手がみられることになる。しかし、このセンバツに出場できなかった選手たちも、悔しさをバネに夏に向けてスタートをしている。森木投手、明桜の150キロ右腕・風間球打投手、岐阜第一の阪口楽選手、昌平の吉野創士選手、八王子の羽田慎之介投手、関東第一の市川祐投手、横浜高の金井慎之介投手などが、春季大会でどんなプレーを見せてくれるのか楽しみ。

2021年センバツ出場予想
周期高校野球大会が全て終了し、明治神宮大会のない今年はこれで主な高校野球の大会が終了した。来年のセンバツ出場チームの予想をと紹介をします。
2021年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

大学生のドラフト注目選手

大学生は3月はオープン戦が行われ、4月に春のリーグ戦が開幕していく。注目されそうなのは昨年同様に左腕投手で、筑波大の佐藤隼輔投手と法政大の山下輝投手がトップ2か。捕手として注目される中央大・古賀悠斗選手、強打の右打者として注目される正木智也選手が期待される。

他に投手では法政大の三浦銀二投手、153キロを記録する東北福祉大の椋木蓮投手、実績十分の慶応大・森田晃介投手、昨秋に152キロを記録した左腕の創価大・鈴木勇斗投手などがいるが、現時点では昨年ほどドラフト上位候補がいる感じではない。立教大の川端健斗投手や関学大の黒原拓未投手といった速球派左腕、法政大の古屋敷匠真投手や中央大・皆川喬涼投手の復活や、共栄大・小向直樹投手、青山学院大・森圭名投手、横浜商大・飯田琉斗投手、京産大・北山亘基投手の台頭に期待したい。

野手も昨年の佐藤選手のようなスラッガー、五十幡選手のような足、牧選手のような4番として現時点で評価されている選手はいないが、打撃の良い仙台大の川村友斗選手、粗けづりながら抜群の足を持つ明治大・丸山和郁選手、右のスラッガー・駒沢大の鵜飼航丞選手、大商大・福元悠真選手の成長に期待したい。

2021年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

社会人のドラフト注目選手

3月にスポニチ大会が開幕し、日本選手権に向けた戦いが始まる。昨年同様に秋の都市対抗野球はドラフト会議後となるため、ドラフト前の全国大会は6月の日本選手権のみとなる。

昨年はトヨタ自動車の栗林良吏投手という抜けた存在がおり、ドラフト1位で指名されたが、来年は現時点でドラフト1位候補と呼べる選手はいない。大学時代から速球が注目されたNTT東日本・稲毛田渉投手、鷺宮製作所・小孫竜二投手、東芝の北山比呂投手、吉村貢司郎投手、Honda鈴鹿・八木玲於投手、三菱自動車倉敷オーシャンズ・廣畑敦也投手、三菱重工West・森翔平投手などが指名解禁となるが、廣畑投手が都市対抗で実力を見せつけた。森投手も左腕として大学時代から注目されており、上位に入ってくる可能性がある。

また、高校卒3年組のJR東日本・山田龍聖投手、河浦圭佑投手、JFE東日本・大谷輝龍投手、Honda・米倉貫太投手の成長が期待されるが、昨年のドラフトで指名漏れとなった高校卒4年組のセガサミー・森井絃斗投手、Honda・小野大夏投手、Honda鈴鹿・松本竜也投手といったところも今年にかける思いは強い。

野手でも指名解禁組では、昨年の都市対抗で活躍した選手が中心に注目されることになるが、NTT東日本の火ノ浦明正選手、Honda熊本の山本卓弥選手、日本新薬の船曳海選手、JR四国の水野達稀遊撃手などが注目されそうだ。

昨年指名漏れとなったJFE東日本の平山快選手、日本新薬・福永裕基選手も指名された選手とはわずかな差だったと思われ、今年の指名が期待される。

2021年度-社会人のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント