日本生命・小林誠司捕手に巨人が原沢球団代表など6人のスカウトで視察、小田裕也選手も候補に

社会人野球ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 巨人vs日本生命のプロアマ交流戦が行われ、巨人は原沢球団代表以下6人のスカウトが視察し、日本生命・小林誠司捕手の視察を行った。

 小林選手は今年の即戦力捕手としてNO1の評価を受けている。同志社大時代もドラフト上位候補だったが、ドラフト1位でなければ社会人入りを表明し、日本生命入りした経緯がある。

 この日は吉原正平投手、柿田裕太投手、藤井貴之投手とドラフト候補投手3人をリード、1回から3回まで1点ずつを許したものの、その後は無失点に抑えた。肩では3盗塁を許すなどアピールすることはできなかったが、隠善選手は「投手のクイックが甘かった。肩は良かった」と話している。

 巨人は原沢球団代表のほか、山下スカウト部長など6人のスカウトが視察、山下氏は「今年は捕手は多いけど、その中でも十分候補に入ってくる」と話した。この日は8番に入り2打数1安打だった打撃についても「もっと上位で打つ力がある」とこちらも評価していた。

 巨人は昨年までは捕手は補強ポイントでないと指名をしなかったが、今年は捕手が比較的多い今年は補強ポイントとしており、大阪桐蔭・森友哉選手、法政大・木下拓哉選手などをリストアップしているようだ。森友哉選手は阪神や中日などのドラフト1位指名が有力で、1位指名で桐光学園・松井裕樹投手を指名すると思われる巨人は獲得が難しい。小林選手も広陵高校時にバッテリーを組んだ野村祐輔投手(2011年広島ドラフト1位)がいる広島なども高く評価しており、2位までに指名してくる可能性が高い。巨人の2位まで残っている可能性は低いと見られるため、外れ1位での指名が有力である。

 小林選手は「いい経験になった、プロに行きたいです」と話しプロ志望を表明した。来年はどの球団のユニフォームを着ているのだろう。

 またこの日は日本生命の小田裕也選手が先頭打者本塁打を記録し、巨人のスカウトも注目した。小田選手は東洋大時代の日本選手権決勝で慶大・福谷浩司投手から延長10回に勝ち越し本塁打を放つなど、パンチ力のあるリードオフマンで、50m6.0秒、遠投110mと抜群の能力を持つ。大島洋平(2009年中日ドラフト5位)2世として注目されており、巨人は小田選手も候補に入れた模様だ。

日生・小林を巨人熱視線!阿部後継候補だ  - ニッカンスポーツ・コム:2013/4/23

 小林のすべての動きが巨人フロント陣にチェックされた。1回2死一塁の守備。初球にいきなり、隠善に盗塁を仕掛けられた。同大時代に二塁への送球タイム1秒9を誇った強肩の見せ場。「コントロールに気をつけて力まないように投げた」という送球は少し高くなり、セーフになった。それでも「投手のクイックが甘かった。肩は良かった」と言う隠善の印象が一級品であることを物語っていた。

 異例の大集結だった。原沢球団代表兼GMが視察に訪れ、山下スカウト部長をはじめとするスカウト陣も大挙した。その中で小林は3投手を巧みにリード。5安打3失点にまとめてプロ相手の勝利に導いた。初回も含めて3盗塁を許し、強肩としての結果は残らなかったが、内容は上々。課題である打撃も2打数1安打で成長の跡を刻んだ。「いい経験になった。プロに行きたいです」と甘いマスクで笑った。

 巨人は34歳阿部の後継者探しが急務。今秋ドラフトでは大阪桐蔭・森友哉捕手を、超高校級左腕の桐光学園(神奈川)・松井裕樹投手(ともに3年)とともに1位候補にリストアップ。社会人の捕手では小林も高い位置付けにある。山下同部長は「今年は(ドラフト候補の)捕手は多いけど、その中でも十分、候補に入ってくる」と評価した。

 強豪の日本生命は注目選手ぞろい。1番打者の小田裕也外野手が初回、初球を先頭打者弾と評価を上げた模様だ。原沢球団代表兼GMは「社会人同士の試合より、プロ相手でこっちも藤村、河野とか出て指標になった」と判断材料を得た。近未来の巨人を担う人材を多角的に探していく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント