智弁和歌山・山本龍河選手を巨人、埼玉西武スカウトが視察

智弁和歌山, 山本龍河

 智弁和歌山の山本龍河選手を巨人、埼玉西武のスカウトがマークし、高い評価を見せている。

高校通算38本塁打

 山本龍河選手は182cm86kgの大型外野手で、昨年のセンバツ大会でホームランを放つなど、これまで高校通算38本塁打を記録する、高校を代表するスラッガーの一人。

 この日は3回戦の田辺工戦でタイムリー3ベースヒットを放つなど4打数1安打を記録した。視察した巨人の渡辺スカウトは「パワーはあるし、ソフトバンクの柳田のようなタイプになれる」と、プロ野球でもスラッガータイプの外野手として成長できると評価をした。

 

巨人のスカウト

 巨人は外野手で、長野選手や期待した大田選手が故障で離脱、FAで獲得した金城選手などがプレーしている。内野手は昨年のドラフト1位で岡本和真選手を獲得し、外野手でも主軸を打てるような選手が欲しい所でもある。

 ドラフト3位で獲得した高木勇人投手が既に4勝を挙げる活躍を見せ、昨年同様に、中位で即戦力投手を獲得し、1位2位では将来性を見込んでの指名という事も考えられる。そこに入ってくるのは、慶大・谷田成吾選手なのか、明大・高山俊選手なのか、上原健太投手なのか、それとも東海大相模・小笠原慎之介投手か、県岐阜商・高橋純平投手か。高木投手の活躍で勢いのありそうな巨人スカウトの手腕に注目したい。

 2年生ながら「3番・中堅」で出場した昨年のセンバツでは1回戦・明徳義塾(高知)戦でソロ本塁打。高校通算38発を誇るスラッガーには、この日視察した巨人・渡辺スカウトも「パワーはあるし、ソフトバンクの柳田のようなタイプになれる」と期待を寄せる。山本も「夏に甲子園へ行くまで結果を出し続ければ、評価も上がる」と意気込んだ。


PAGE TOP